VPNの仕組みは意外と簡単!分かりやすく詳細に解説します!

ブロードバンドネットワークの進化にともない登場したVPN。コストカットや業務の時間短縮などが求められる今、 VPN がビジネスシーンで活発に導入されています。VPNは、ひと昔前は限られた企業しか実現できなかった専用線に変わる、新しい通信技術です。

今回はVPNとはどのような仕組みなのか、導入することでどのようなことが実現できるのかなどを説明します。VPNの仕組みを知れば活用度の高い技術であることがわかるでしょう。

実は難しくない!VPNの仕組み

VPNは公衆回線を使って構築する仮想のプライベート・ネットワークです。VPN機能搭載ルーターなどのVPN装置を使い、離れた場所にいてもデータや情報の共有が可能になる技術です。VPNのメリットは専用線よりもコストがかからないことです。特にインターネットVPNなら通常のインターネット回線契約を利用するため安価なのが特徴です。

VPNの登場以前の、専用線で事業所間を結ぶの方法は物理的な距離の問題により、コストと時間がかかるというデメリットがあります。そこで1990年代に登場したのがFR(フレームリレー)です。FRはパケット通信方式の一種で、当時は専用線よりコストパフォーマンスが高いのがメリットでした。しかし、ブロードバンドが主流になり帯域幅などの問題でニーズが減ってしまい、2011年にサービスが終了してしまいました。

VPNは2000年代になってから活用が進んだネットワーク技術で、IT技術と仮想化技術の発達が背景にあります。低コストのメリット以外に、データ通信も安全性が確保されているため、導入する企業が増えています。

・導入した企業様の事例を見てみませんか?

 導入事例はこちら

インターネットを使うVPN接続の仕組みと特徴

地理的に離れた場所にある事業所同士をVPN接続するには、両方の事業所にVPN専用ルータを設置してLANを接続します。これによりインターネットを介して仮想専用回線が作られ、離れた場所にいてもお互いのサーバにあるデータにアクセスすることが可能になります。共通のLANにつながれるイメージになりますから、離れていても同じようにファイルを共有し作業をすることができます。

VPNを通してやり取りしているデータは暗号化などのセキュリティ対策が取られているため、情報漏えいなどのリスクも少なく済みます。暗号化はVPN専用ルータがすべて行ってくれるので、個々のデバイスにかかる負担も軽減されます。大量のデータをやり取りする企業間においてVPNはおすすめの仕組みと言えるでしょう。

IP-VPNで使うVPN接続の仕組みと特徴

VPNは2種類にわけられますが、次はもう1種類のIP-VPNについて解説します。IP-VPNとは大手通信事業者が用意している閉域網を利用したVPNのことです。

閉域網とは通信事業者と契約を交わした人のみが利用できる、閉ざされたネットワークのことです。閉域網を利用するため、IP-VPNはセキュリティ面の信頼度が高く、情報漏えいや盗聴の心配がありません。このことから一般的には暗号化は実施せず、通信レスポンスが速いのが特徴です。

回線品質は常に通信事業者によって監視されているため安定しており、回線速度も帯域保証内であれば安定しています。専用線を構築するよりコストが安いのもメリットですが、インターネットVPNと比べると費用は高くなります。事業所間をイントラネットでつなげたいものの、インターネット上でデータをやり取りするのは不安という場合におすすめの形態です。

VPNでできることとは?

VPNで接続する形態には拠点間接続とリモート接続があります。拠点間接続とは離れた場所にある事業所をVPN装置でつなぎ、LANを形成する方法です。ルータでつながった事業所はお互いのコンピュータにアクセスすることができ、データ共有が容易になります。

・拠点間接続サービスをご覧になりたい方

 サービスはこちら

一方、リモート接続とは出先にいながら会社のコンピュータにアクセスできる接続方法です。会社にはVPN装置を設置し、アクセスに使用するコンピュータやスマートデバイスにVPN接続が可能になるソフトウェアをインストールします。リモート接続はテレワークや出張先などでも社内業務が可能になるのがメリットです。

一方、リモート接続とは出先にいながら会社のコンピュータにアクセスできる接続方法です。会社にはVPN装置を設置し、アクセスに使用するコンピュータやスマートデバイスにVPN接続が可能になるソフトウェアをインストールします。リモート接続はテレワークや出張先などでも社内業務が可能になるのがメリットです。

今後ますます多様化する労働形態にも対応できるので、働き方改革の一環で利用される方も増えています。

・テレワーク、働き方改革について興味がある方

 他の記事はこちら

みんなが通信事業者に求めるのはどんなこと?

会社のネットワークに関わる通信業者に求める要素を100名の社会人を対象に聞いてみました。

【質問】
会社の通信事業者を変更するなら、選定の優先順位が高いのはどれですか?


【回答結果】
コストの安さ:16
セキュリティの高さ:69
通信速度の速さ:15

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 - 29 30 - 39 40 - 49 50 - 59 60
調査期間:2017年06月07日~2017年06月14日
有効回答数:100サンプル



★コストより速度よりセキュリティが大事
アンケートの結果、通信事業者に求める要素は「セキュリティの高さ」でした。
・何か起こった時の対応が大変で時間と労力がかかります。扱う情報はすべて重要ですので、信頼できる業者にしたいです。(30代/女性/正社員)

情報漏えいなどのリスクを考えると何よりセキュリティ面が大事だと感じる人が多いようです。では2番目の「コストの安さ」、3番目の「通信速度の速さ」のコメントを見てみます。

通信速度の速さ
・必要な時に遅いとイライラしてしまうし、時間がもったいないから。(30代/女性/専業主婦(主夫))

コストの安さ
・コスパのいい事業者を使いたいですね。通信事業には多額の費用を支払っているので、出来る限り節約したいです。。(30代/男性/正社員)

通信速度が遅いとストレスを感じるという人が多く見られました。また、コストに関しては安いだけでなくある程度のスペックも欲しいと感じているようです。

セキュリティ、コスト、通信速度、どれも重視したい要素ですよね。VPNならどの要素も改善することができるのでおすすめです。

☆まとめ

IT関連の新しい技術は次々に出てきています。VPNは2000年代に登場したネットワーク構築技術ですが、これからはますます企業インフラとして必要な通信技術になってくるでしょう。

VPNを導入することにより、時間やコスト、紙の削減が実現でき、業務の効率化が進みます。技術の進歩がめざましいクラウドとの併用もおすすめです。VPNの仕組みを理解して、自社にあったVPN事業者を選ぶようにしましょう。

・クラウドサービスをご覧になりたい方

 サービスはこちら

関連ページ

◆◆他のVPNの記事を見る◆◆
◆◆「離れていても会社のLANにアクセス可能な「VPN接続」とは」◆◆