「オンプレミス」という言葉を聞いて、正確に答えられる人はどのくらいいるでしょうか?言葉だけ聞くと何やらよくわからないというイメージを抱くかもしれませんが、言葉の概念自体は決して難しいものではありません。

今回はオンプレミスの意味やメリット・デメリットなどを解説しながら、オンプレミスの実態に迫っていきます。オンプレミスと対になるクラウドと比較しながら、その特徴を見ていきましょう。

オンプレミスとは

オンプレミス(on-premise)とは、サーバーやソフトウェアなどの情報システムを、ユーザ担当者が管理できる施設の構内に機器を設置して運用することをいいます。
premiseは「構内」「店内」という意味があり、自社運用とも言われます。ネットワークやサーバはすべてユーザ担当者が管理できる施設の構内に置いており、すべてのシステムが自社運用で完結しているのが特徴です。これは、自社オフィス内のサーバルームでサーバ運営をするだけではなくデータセンタでハウジングする場合も含まれます。
ハウジングとは、データセンタ内にスペースを借りてお客様所有のサーバやネットワーク機器などを設置することです。スペース(ラック)は借り物ですがサーバ等は自社所有物であり、運用もユーザ担当者が行う為、オンプレミスに属します。

データセンタで運用することで、自社サーバルームよりもセキュリティ、耐震性、耐火性に優れ、電源設備も潤沢であるというメリットがあります。

もともと企業におけるシステム構築は、オンプレミス型が主流で、わざわざ「オンプレミス」という呼び方もされていませんでした。それがオンプレミスと名づけられたのは、後にクラウドという運用形態が登場し、それと明確に区別する為です。

以前、企業が基幹システムや業務用システムを運用するとなった場合、電算室という部署(後の情報システム部門)が自らサーバーや通信回線、その他必要な環境を備えてシステム構築・運用を行う、オンプレミス型の運用が主流でした。
ホスティングというサービスが出た後も、自社にシステムを構築する技術がある企業は「大事な情報ほど自社管理が一番安心」という考えの下、オンプレミスを選択していたと思います。
当時は真新しいホスティングサービスよりも自社管理の方が実際に強固なセキュリティや高い可用性が得られていたケースもありました。

その後、2000年代になってからクラウドが登場しました。オンプレミスでのシステム構築は、その為のスキルやノウハウを持つ人材の存在が前提となり、また多額の初期投資や運用コストが企業にとって負荷になりますが、クラウドサービスを利用すればそれらが軽減されます。
これにより徐々に浸透していくわけですが、ことさらクラウドサービスを普及させたのが2011年3月の東日本大震災ではないかと思います。それまでに信じられてきた「大事な情報ほど自社管理が一番安心」という考えがもはや神話と化しました。
自社運用で講じることができる冗長構成には(経済的)限界があるということ、同時にIT業界の進化によってクラウドベンダの運用体制が信頼に値するところまでレベルアップしていることが要因となり、加速度的にクラウドが普及していったのです。

さて、クラウドを導入する企業は年々増加傾向にありますが、オンプレミスもまだまだ多いシステム形態です。特に官公庁や金融機関など機密性の高い情報を持っている団体や、複雑なシステムを組んでいる企業においては、クラウドシフトのハードルは高いのではないかと思います。しかしながら、オンプレミスは規模が大きくなればなるほど構築や運用のための費用と工数がかかる傾向にありますので、そのような企業も新規でシステムを立ち上げるとなればクラウドを選択するケースが多くなってきていることでしょう。

オンプレミスを利用している企業はどれくらい?

実際にオンプレミスでシステムを運用している企業がどのくらいあるのか、令和3年6月に総務省から発表された「令和2年通信利用動向調査の結果 」から見てみましょう。

・クラウドサービスの利用状況の推移
※総務省 令和2年通信利用動向調査の結果より引用

まずはクラウドサービスの利用状況の推移です。平成30年の段階で、クラウドサービスを利用している企業は58.3%でした。令和元年になるとその数は64.5%、令和2年は68.5%まで上昇しています。

社内全体で利用しているのが39.3%、一部の事業所や部門で利用しているのは29.2%です。調査の始まった平成23年時点でのクラウド利用率は21.6%でしたので、そこから現在まで導入企業の数は毎年順調に伸びていることがわかります。
しかし「クラウドについて分からない」ではなく「利用していないし、今後利用する予定もない」と回答した企業の中には、クラウドを利用する場合のメリットやデメリットも理解した上でオンプレミスを採用しているのかもしれません。実際に、ガートナージャパン社が発表した「2021年の日本企業におけるクラウド・コンピューティングに関する調査(https://www.gartner.co.jp/ja/newsroom/press-releases/pr-20210614)」ではクラウドの伸長率程ではないものの、オンプレへの投資意向も前年対比で上回る結果となりました。

オンプレミスのメリットやデメリット

自社のオンプレミス型システムをアップデートしたり入れ替えたり、クラウドの導入などを検討する場合、オンプレミスに関しての知識をしっかり持っておくことは必要不可欠です。

この章ではオンプレミスのメリットやデメリットを解説します。ぜひ、自社のシステム構築の参考にしてみてください。

オンプレミスのメリット

セキュリティを高く維持しやすい

どんなにセキュリティ対策を講じてもクラウドサービスである限りインターネットを介することは不可避です。クラウドのようにインターネットを通じて行われる情報の送受信は、常にセキュリティリスクにさらされています。
従業員が使う為の社内システムであり、外部からアクセスさせる必要のないもの等はクラウドよりもオンプレミスで運用する方が高いセキュリティを保持できるでしょう。
また、アクセス元であるサーバとユーザのどちらもLAN内にいれば、レスポンスも早く通信ストレスを感じることもないですよね。
しかし現代の働き方では、社内からのアクセスのみに限定してシステムを運用するという事自体が高いハードルです。従業員向け限定のシステムであっても、多くの従業員がテレワークしていてそもそもインターネットの向こう側にいる、という企業も少なくないでしょうからオンプレミスのメリットを享受し難くなってきました。

カスタマイズ範囲が広い

オンプレミスは情報システムの構築をすべて自社で行うため、自由度とカスタマイズ性の高さが最大の魅力です。サーバ構築に使用するOSやソフトウェアなど、何を使うかは企業の自由。運用する為のインフラも、自社のポリシーに合わせて自由に選択することが出来ます。
企業独自のシステムを構築することができ、実際に使用する中で不具合や不便が生じた際にも、適宜修正作業やカスタマイズを行うことが可能です。またメンテナンス等の作業日程を自分達の都合で決められるのも大きな利点です。

対してSaaSやPaaS等のパブリッククラウドの場合は、利用するサービスによってソフトやOS、サーバ機器などのカスタマイズ範囲は限定されます。
IaaSと言われるプライベートクラウドであれば、アプリケーションの開発環境を提供するPaaS型やソフトウェアまでを提供するSaaS型よりも自由度はぐんと上がります。
しかし、当然オンプレミスのカスタマイズ性にはかなわない部分も…
どこまでを柔軟に設計していきたいかによって選択が異なることを理解しておきましょう。

既存システムとの連携がしやすい

基幹システムや業務システムなど、すでに運用しているシステムとの連携がしやすいのもオンプレミスのメリットです。

クラウドは既存システムとの連携ができないケースがあることがデメリットのひとつとしてあげられます。親和性は肝心な要素です。既存システムと連携できないということは、新しいシステムの導入を諦めるか、不便を感じながらも既存のままで業務を遂行していくかなどの選択をしなければなりません。
オンプレミスならシステムを新しく追加したり統合したりするのが自由にできます。専門知識が必要なのでシステムエンジニアを雇う必要はありますが、情報システム部門を置くことのできる企業であればオンプレミスのメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

オンプレミスのデメリットはコスト面

オンプレミスのデメリットはなんといってもコストです。

ネットワークやサーバの構築、システムの開発など全部をあわせると何百万円単位になることも珍しくありません。金銭的なコストだけではなく人的コストも大いにかかります。本稼働開始となるまでの納期もかかります。要件定義から始まり、手間暇をかけて構築したシステムをテスト運用して実践投入し、不具合が生じればその都度修正が必要です。さらに障害対策は自分たちで行わなければなりません。自由にカスタマイズできるということは、裏を返せば不具合が発生した時に自分達で解決しなければならないということでもあります。

セキュリティの安全性、ネットワークの安定性、カスタマイズの自由度など、オンプレミスのメリットはたくさんあります。反面、オンプレミスにはいくつかのデメリットも存在します。メリットとデメリットを天秤にかけたとき、自社にとって利益になるのはどちらなのか、じっくり検討することが重要です。

クラウドとの比較

インターネットを介して提供されるのがクラウドサービスです。クラウドサービスは容易に始められることや初期コストが比較的安価なことから、これが登場したことによってオンプレミスではシステム構築が出来なかった中小企業でも容易にシステム導入できるようになりました。この2つはそれぞれ特徴があります。

コスト面

オンプレミスの場合、初期費用で機器やソフトウェアライセンス、回線などで数百万かかることもよくあります。また専門スキルを持った担当者の存在も不可欠です。そのため初期投資や運用コストで考えるとクラウドに軍配があがるでしょう。
クラウドの場合、月額が従量課金のものがあったり、必要ライセンス分のみ購入すればいいなど、利用用途や規模に合わせて必要最低限の予算で運用することができます。しかし、
大規模なシステムを運用している企業の場合、逆にオンプレミスの方がコストが安いといったケースもあります。

運用面

オンプレミスの方がカスタマイズ性が高いので、自社に合わせた構築が可能になります。

とはいえ、増強の必要が出た場合など、物理的な機器の用意が必要になるため、迅速さには欠けるでしょう。

クラウドの場合は、プランやオプションを利用することで、増強は素早く行うことができる反面、決まったプラン内での対応になるため、柔軟性は劣るでしょう。

クラウドのカスタマイズ性については、IaaSの登場により、ミッションクリティカルなシステム構築もできるようになってきているため、あまり問題にならないかもしれません。また人材的な観点では、SaaSであれば専門的スキルやノウハウは不要であるものの、PaaSやIaaSほどの自由度を得ようとした場合には、どちらもエンジニアは必要になりますので、こちらも大きな優劣はないと考えられます。

セキュリティ面

オンプレミスは社内LANで完結することができる他、自社のセキュリティポリシーに沿ったセキュリティを講じる事が出来る為、安全性が高いと言われています。対してクラウドは、必ずユーザがインターネットを介する仕組みになっていたり、クラウドベンダのセキュリティ強度に依存するため、不安が残るという意見もありました。
とはいえ、近年では、サーバをオンプレミスで運用していてもユーザが社内LAN以外のネットワークからアクセスしてくる運用であったり、クラウドサービスベンダが講じるセキュリティが向上していたりと、その信頼性も徐々に違いがなくなってきていると言っても過言ではないでしょう。

災害への対応

災害時、オンプレミスだと物理的な機器が故障したりすることでシステムダウンなどの影響が出る可能性があります。
もちろんクラウドであってもクラウド提供会社の物理的機器が壊れることで影響が出る可能性はありますが、設備が分散されていることがほとんどなので、オンプレミスよりも可用性が高く有事の際にはリカバリーが早いというクラウドベンダも多く存在します。

もちろん導入するクラウドの種類(IaaS、PaaS、SaaSなど)によっても特徴が異なるため、それぞれの違いについても把握しておくとよいでしょう。

オンプレミスVSクラウド!結局どちらが優れている?

オンプレミスとクラウド。社内システムとして優秀なのはどちらだと思いますか?

【質問】
オンプレミスのほうがクラウドより優れていると思いますか?

【回答結果】
思う:37
思わない:63

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 - 29 30 - 39 40 - 49 50 - 59 60 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
調査期間:2017年06月13日~2017年06月20日
有効回答数:100サンプル

必ずしもオンプレミスのほうが優れているわけじゃないことがわかります。
アンケートの結果、オンプレミスのほうがクラウドより優れていると「思わない」との回答が全体の約6割になることがわかりました。オンプレミスシステムを自社で保守していく大変さについて認識している人が多いようです。

・オンプレミスのときに、サーバをとられてフィッシィングサイトの元サーバになってしまい、その後レンタルサーバにしました。オンプレミスのときは24時間常にメンテナンスに時間を注いで疲弊していました。今はクラウドの方が、データ管理がしやすくて良いのかなと思っています。(40代/個人事業主・フリーランス/女性)

また以下のようにオンプレミスのほうが優れていると思う人は、セキュリティやネットワークの安定性を実感しているようです。

・セキュリティの高さとネットワークの安定性が抜群に違います。比較的人数の多い会社に勤めているのでクラウドは怖いです。(30代/派遣社員/女性)

オンプレミスは自由度が高い分だけ、それなりの専門知識が必要になります。その点をメリットと取るかどうかで判断が変わっているようでした。

そしてオンプレミスには素晴らしいメリットがありますが、保守をクラウド事業者に任せることができたり利便性に優れていたりするクラウドのメリットも感じている人が多いようです。結局どちらが優れているか?というよりもどちらが自社の環境に適しているか?で検討するのが良いということですね。

オンプレミスとクラウドの相互利用… ハイブリッドクラウドとは?

ハイブリッドクラウドとは、パブリッククラウドとプライベートクラウド、そしてオンプレミスという3種類のシステムリソースから2種以上混在させて運用する環境のことです。

余談ですが、パブリッククラウドを複数活用した環境の事をマルチクラウドと呼びます。似ていますが意味が違いますので併せて覚えておきたいですね。

さて、ハイブリッドクラウドのひとつとしてオンプレミスとクラウドのハイブリッドクラウドがあります。

オンプレミスはコストも期間もかかり保守も大変です。しかし、自由に構築が出来ることやセキュリティの高さ、ネットワークの安定性などのメリットも見逃すことはできません。そこでオンプレミスとクラウドを同時利用することで、機能性と機密性を同時に手に入れてしまおうということです。両者のメリットを享受できるのがハイブリッドクラウドの大きなメリットと言って良いでしょう。

また、すべてのシステムをクラウドへ移行することによるリスク回避も利点です。どういった構成にするのかによって、クラウドといえどコストがグンと上がってしまうケースがあります。システム全体をクラウド移行する前に、既存システムと同等以上の性能が得られるかなど予め検証しないとトラブルに繋がる可能性があります。

また運用管理を担当する従業員は、イチからその使い方を学ぶ必要があり、手間もかかります。実際に導入してみて運用がうまくいかない可能性も捨てきれません。まずはハイブリッドクラウドで運用し、少しずつクラウドに移行していけば、パフォーマンスの低下や余分なコスト増を防ぐことができるかもしれません。

ちなみに…ハイブリットクラウドはどのくらい認知があるのか?

クラウドという言葉が世に広まってだいぶ経ちますが、ハイブリッドクラウドという言葉の意味を知っている人はどのくらいいるのでしょうか?

【質問】
ハイブリッドクラウドを知っていますか?

【回答結果】
知っている:25
知らない:75

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 - 29 30 - 39 40 - 49 50 - 59 60 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
調査期間:2017年06月13日~2017年06月20日
有効回答数:100サンプル

★まだまだ認知度が低いハイブリッドクラウド
調査の結果、ハイブリッドクラウドを知らない人が全体の75%になりました。

・クラウドの世界はどんどん新しい言葉が出て来てサッパリです。(40代/個人事業主・フリーランス/男性)
・よくわからない。ハイブリッドということはクラウドと物理の共用でしょうか。(40代/正社員/男性)

ITの世界は進歩が早く新しい技術がどんどん出てくるのでわからないという人が大半でした。逆に「知っている」と回答した人には、ハイブリッドクラウドに対してどのようなメリットを感じているのかを質問してみました。

・自社にあったクラウドサービスを組み合わせてベストな環境を提供してくれるサービスだと思います。(40代/個人事業主・フリーランス/男性)

オンプレミスとクラウド、両方の利点を取り入れられるところにメリットを感じている人が多い印象でした。

まだまだハイブリッドクラウドを知っている人は少ないようです。しかし、ハイブリッドクラウドを知ることによって企業のシステム構築の選択肢が広がります。

オンプレミスからクラウドに移行すべき場合とは

オンプレでシステムが問題なく稼働していれば、できればその環境には極力手を加えたくないというのが情シスの本音だと思います。24時間365日動かしていないといけないようなサーバだったり、複雑な設計のものであればなおさらです。
とはいえ、現代の働き方などを考慮するとクラウドを選択する方がメリット大きい場合も多々ありますので、あえてクラウドを倦厭する必要はないのかなと思います。

クラウド移行に適しているタイミングはいくつかあります。
・新しいシステムを導入・構築するとき(最初からクラウドを選択する)
・既存のネットワーク構成(アドレス体系など)に変更が加わるタイミングで同時に切り替える
・システムを動かしている既存サーバが老朽化して買い替える必要が出た際に
・データセンタから移転や改築するから退去しないといけないという時に
・ラックを追加したいのにデータセンタでもうラック追加が出来ない状況になった際に

このようなタイミングでクラウド移行を検討する企業が多いのではないでしょうか。

オンプレミスからクラウド移行の検討ポイントは自社にあうかが重要です。
オンプレミスとクラウド、両者の特徴を踏まえたうえでクラウド移行の検討ポイントを探っていくと、まず、導入することで本当にコスト削減につながるのかどうかがポイントとして挙がります。
初期費用はオンプレミスと比べてクラウドのほうが断然安くなります。しかし、導入後の運用コストはどうでしょうか?自社で運用を行うのであれば、平時はオンプレミスのほうが月額コストはかかりません。
対してクラウドは月額の運用料金が毎月発生します。クラウド導入でコスト削減をするなら、既存システムの見直しも必要です。不要なシステムやクラウドに移行できるシステムはないか、必要な既存システムとの連携は十分かなどが検討ポイントになります。
米大手ITサービス提供企業ではAWSというAmazonが提供するクラウドサービスから、オンプレミスに移行し、2年間で約81億円コスト削減できたと報じられています。
クラウドに移行する際は初期費用の安さだけに注目せず、その後の運用や、今後見込まれる使用量の増加などを含めて検討してください。

また、オンプレミスは月額コストがかからないというものの、ベンダに保守を任せた場合は保守費用が発生することや、数年ごとに経年劣化のためにサーバを入れ替えなければならないことも加味する必要があります。セキュリティ対策に関しても、自社で行うのがいいのかクラウド事業者に任せるのかを考えるべきでしょう。

オンプレミスのまま自社で管理していくのであれば、情報システム専門の部署を作りシステムエンジニアを雇う必要があります。クラウドであればセキュリティ対策のしっかりしている事業者かどうかが選定ポイントになるでしょう。移行を考えるときは、どのようなセキュリティ対策を取っているかきちんと把握し、セキュリティに対する不安要素は払拭しておきたいところです。

クラウドへ移行する方法と注意点

オンプレミスのシステムをそのままクラウドに移行する場合、オンプレミスのサーバを仮想化、それをクラウドに移行し、データをクラウド上にコピーします。
業務で使用しているアプリケーションなどをクラウド上で再度構築して、データのみをクラウドにコピーして移行するといったケースもあります。
SaaSなどのパブリッククラウドへ移行する場合などは比較的簡単で、オンプレミスに乗っているデータをクラウドに上げなおすだけで移行が完了します。

移行する際には、必要なスペックや料金、セキュリティや可用性など、様々な観点からどのクラウドをどういったプランで利用するかを考える必要があります。
導入検討時は、各サービスベンダやセキュリティの専門家などを交えて検討することが望ましいでしょう。
クラウドに移すことで、そのクラウドに接続する回線も必要になります。セキュリティを担保しつつ、安定した接続ができる回線を選定することが重要です。
専用線で繋ぐ場合もありますが、多くはインターネット回線を使用して接続している印象です。そのようなICTインフラ周りも再度検討しましょう。

あなたの会社はクラウド?オンプレミス?

勤務先の企業ではオンプレミスとクラウドサーバ、どちらを使用しているのか100名にアンケートを取りました。

【質問】
あなたの会社では、オンプレミス(自社サーバ)とクラウドサーバのどちらを使っていますか?

【回答結果】
オンプレミス(自社サーバ):28
クラウドサーバ:25
どちらも使用している:17
わからない:30

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 - 29 30 - 39 40 - 49 50 - 59 60 【職業】パート・アルバイト 個人事業主 公務員 正社員 派遣社員 経営者
調査期間:2017年06月13日~2017年06月20日
有効回答数:100サンプル

トップはやはり?オンプレミスでした。
アンケートの結果1位オンプレミス、2位クラウドサーバ、3位どちらも使用している、という結果になりました。それぞれの回答内容を見ていきましょう。

・業務の特性上、サーバやソフトウェアなどの情報システムを、頻繁にカスタマイズする必要があるからです。(40代/正社員/男性)

・広告代理店なので様々なデータのやり取りがある。滞ると問題なので、他社に任せることができない。(40代/正社員/男性)

オンプレミスはカスタマイズ性の高さや安全面を重視している内容が多く見られました。

・データ量が大量なのと災害に合った際のバックアップとして(40代/正社員/女性)

クラウドサーバは容量の大きさも決め手のようです。

・事務系の場合は社内専用のサーバを使用していますが、専門的な動作を行う場合のみ提携先のサーバを利用させてもらっています。(20代/パート・アルバイト/男性)

どちらも使用している企業は、用途にあわせて使い分けているようですね。
サーバの知識がないからクラウドを使っているという意見もありました。良くも悪くも企業の状況にあわせてシステム形態を選んでいるようです。

まとめ

オンプレミスとは昔からある企業のシステム形態です。セキュアである反面、障害対応では苦労することも多くあります。

クラウドを利用する企業も増えていますが、米大手ITサービス提供企業ではオンプレミス回帰するなど、オンプレミスの需要もまだまだ高いと言えるでしょう。
導入する際は、自社にとって利益につながるのはオンプレミスなのかクラウドなのか、どちらがいいのか考えることが重要です。

この記事に関連するお役立ち資料はこちら

USEN ICT Solutionsが提唱する「データロケーション」という考え方

USEN ICT Solutionsでは、クラウド、外部のデータセンター、社内のサーバルームなどを問わず、それぞれの企業の個別の課題やポリシーを踏まえて最適なデータ保管をご提案します。本資料では、データ保管方法の選び方に関する指針例などをご紹介しています。

ダウンロードする

さらに理解を深めたい方にオススメの記事はこちら

関連サービス