少し前、改めてサイバー戦争は現実に起こりうるものなのだなと実感した人は多くいるでしょう。これまでも私たちの知らない所でサイバー攻撃市場は日に日に進化し、今では目に見えてランサムウェアやEmotet等を含むマルウェア被害数が増加しています。
次々と進化していく攻撃手法に対抗するには、さまざまな対策を取る必要があります。個人はもちろん企業のコンピュータが感染すると被害も大きくなりますので、的確な対応を施したいところです。
本記事では、マルウェアとは何なのか、その意味や種類、対策方法などを解説します。この機会に正しい知識を手に入れて自社のセキュリティ対策にご活用下さい。

マルウェアとは?ウイルスとの違い

マルウェアとは、「悪意がある」という意味のmalicioussoftwareを組み合わせた造語であり、一般的に悪意のあるソフトウェアの総称として使います。
IT技術の黎明期から存在するマルウェアは、最初はスキルを誇示したい犯罪者が人を驚かしたり困らせたりする為に作り出した金銭的実害には結びつかないものが殆どでした。
しかしIT技術の進歩と共に、いたずら目的の愉快犯だけではなく、他国への諜報活動を行う国家組織、アノニマス(Anonymous)に代表されるような共通の思想や主義を掲げて動く犯罪組織、現代では最も多くなっている金銭目的の犯罪組織など、犯罪者の目的も特性も枝分かれしながら犯罪件数(マルウェア被害件数)は増加の一途を辿っています。

マルウェアに感染すると、機密情報を破壊、凍結されたり、WEBサイトを改ざんされたり、
個人情報や機密情報を抜かれたりするなどの被害が出ます。攻撃直後に察知し、直ぐに対処を打てれば被害を最小化出来るかもしれませんが、そもそも金銭的実害が出るまで感染したことに気付かないケースも多く、知らないうちに加害者になってしまうケースもあるため、自社だけじゃなく関係会社を護る意味でもマルウェア感染には気を付けたいところです。
インターネットを利用している人は例外なく感染する可能性があるため、マルウェアはどうやって感染するのか、感染したらどのような被害が出るのかを知っておくことが必要です。

混同されがちなマルウェアとウイルス

日本ではマルウェアよりウイルスのほうが聞き慣れているかもしれませんね。
よくマルウェアと意味が混同された状態でウイルスやコンピュータウイルスという単語が使われていますが、ウイルスはあくまでもマルウェアの一種であり、マルウェアは悪意を持ったソフトウェアの総称を指しています。
「犯罪」と総称されるものの中に様々な種類の行為があるのと同じように、「マルウェア」の中には様々なソフトウェアが存在し、ウイルスはその内の一種に過ぎません。

階層で並べるとマルウェアがトップで、その中にウイルス(コンピュータウイルス)、トロイの木馬、ワーム...といった形で並びます。存在する形態や感染挙動、被害効果によって区別されます。言葉としては造語のマルウェアよりウイルスのほうが覚えやすく、病気のウイルス=悪いものとイメージしやすいので、ウイルスという言葉の方が広く浸透したのかもしれません。そのため、一般読者が読むような媒体にはウイルスと書かれることがありますが、ITの専門雑誌にはマルウェアが使われますので、この機会に両者の意味を正しく理解しておきましょう。

マルウェアはどれだけ認知されている?
コンピュータに感染すると危険だと言われるマルウェア。実際にどのような被害に遭うのか、知っている人はどのくらいいるのでしょうか?

【質問】
マルウェアとは何か、どのような被害をもたらすか詳しく知っていますか?

【回答結果】
知っている:39
知らない:61

調査地域:全国調査対象:【年齢】20 - 29 30 - 39 40 - 49 50 - 59 60
調査期間:2017年06月07日~2017年06月14日
有効回答数:100サンプル

マルウェアの被害について詳しく知っていると答えたのは全体の4割という結果になりました。

・マルウェアはウイルス、ワーム、トロイの木馬といった悪意のあるソフトウェアの総称です。パソコン内のデータやアプリケーションの削除や改ざんをするほか、データを盗み出したり外部に晒すなどの行為をします。パソコンがのっとられ遠隔操作で動かせるようになったり大量の迷惑メールなどが送られてくることもあります。(50代/女性/専業主婦)


「知っている」と答えた人はかなり詳しく説明できる印象です。では「知らない」を選んだ人のコメントを見てみましょう。

・マルウェアという言葉を聞いたことはあるが、その意味は知らない。(50代/女性/専業主婦)

・コンピュータが乗っ取られ、情報を奪われると考えていますが、詳しくはわからない。(60代/男性/無職)

「知らない」と回答した人も、なんとなくであれば知っているようです。

「詳しく」と言われるとわからないけれど、なんとなく危険ということは認知されているようですね。では、マルウェアの詳細について確認していきましょう。

どのような種類のマルウェアが存在するのか

たくさんのマルウェアから代表的なものをご紹介します。

ウイルス(Virus)

ウイルス(コンピュータウイルス)は経済産業省の定義によると「第三者のプログラムやデータベースに対して意図的に何らかの被害を及ぼすように作られたプログラム」のことです。
自分自身を勝手に他のプログラムファイルにコピーする事により感染を広げる機能や、発病するための特定時刻、一定時間、処理回数等の条件を記憶し、条件が満たされるまで症状を出さない潜伏機能、またコンピュータ内のデータ破壊や異常動作を発病させる機能のいずれかが備わっているのが特徴です。
インフルエンザ等、人間に感染するウイルスが人間を宿主として感染し増殖するように、ウイルスも寄生すべき宿主が必要である為、宿主がなければ感染は広がりません

以前のウイルスの感染経路は、フロッピーディスク等からの感染が多く見られましたが、近年では、電子メールの添付ファイルやwebサイトの閲覧などで感染することが主流となっています。

ワーム(Worm)

ウイルスと似て非なるものとして、宿主がなくても自己増殖を繰り返しながら感染拡大が出来るものもあります。こうしたウイルスを「ネットワーク上を這い回る虫」として区別し、「ワーム(worm:虫)」と呼ぶようになりました。
ワームはウイルスと違い、単独のプログラムとして活動することができる為、他のマルウェアと比べても高い感染力と感染速度が特徴です。
過去にはパンデミック(大規模感染)を引き起こした例も少なくありません。一度侵入されてしまうと瞬く間に拡散していき、あっという間にネットワーク内が高負荷で動作できなくなるなど影響が見て分かるので、被害者も感染に気付きやすく被害を受ける期間も短い(=素早く対処に動き出せる)のが特徴でした(既にユーザに気付かれない様にひっそりと活動するタイプも出てきています)。

ワームが非常に危険なのは、、感染したコンピュータ内でIPアドレスをランダム生成して感染先を広げようとしたり、アドレス帳を探索し自己の複製を添付したメールを一斉送信したり、保存されたパスワードを盗んで勝手にログインし、ワームの感染源となるリンクを貼ってSNSに投稿を行うなどして自ら被害の拡大を促していくことや、バックドア※を作られて別の脅威をネットワーク内に招いてしまうリスクがあることで、2次被害、3次被害に繋がりやすいことです。

※バックドアとは...コンピューターへ不正に侵入するための入り口のこと(認証作業がなくても出入りできる勝手口のようなもの)

トロイの木馬(Trojan horse)

トロイの木馬とはウイルスやワームと違い、自己増殖はしません。アプリケーションやスクリーンセーバー、画像や文書ファイルなど、一見害のない姿(正規プログラム)に偽装されています。スマホやPCユーザから見て、フリーの”役に立ちそうな”アプリケーションソフトウェアは警戒が必要です。
また、このような偽装をせずにOSやソフトウェアの脆弱性を利用して直接侵入してくるケースもあります。
いずれかの方法で感染侵入を果たした後は、ワームと同様に宿主を要することなく単独で存在できます。
トロイの木馬の目的は、ユーザに気づかれることなく長くそこに居座ることです。長期に感染し続けられれば、その分多くの情報を盗み取る事ができたり、新たなマルウェア侵入を援助したり、別の対象に攻撃を仕掛ける為の踏み台にできたりするからです。
攻撃者は感染したコンピュータへ自由にアクセスできるようにトロイの木馬によってバックドアを作ります。このバックドア(裏口)を利用してデバイスを不正に操作し、情報の盗聴や他のデバイスへの不正アクセスを試みるのです。

例えば、スマホやAndroidユーザにとって有益なアプリに見せかけ、本人にインストールさせた後、ユーザがネットバンキングにアクセスしIDやパスワード、口座情報を入力するのを監視して、個人情報を盗み実害を加えるといった流れです。
知らない間に口座が空になっていたなんてことも現実に起こる話です。これが個人ではなく企業口座であったらどうでしょう。
バックドアを仕込まれてしまえば、外部から感染した端末を自由に操られてしまうため、これらの攻撃の被害者ではなく加害者に転じてしまうこともあります。

スパイウェア(Spyware)

スパイウェアも自己増殖をしないので、侵入されていることに気付きにくいマルウェアの一つです。スパイのように諜報活動を行うことが由来でそう呼ばれています。
個人情報やID・パスワード等の情報収集をして外部へ送信するのが目的で使われます。ウイルスやワームとは異なり、本来のプログラムが正常に動作しているように見せかけながら動作します。
ユーザがスパイウェアを正常なソフトウェアだと思って自らインストールしているケースもあれば、知らぬ間にインストールさせられているケースもあります。コンピュータの設定を変えてしまうことがあり、一度変えられてしまうと元に戻すのが難しくなります。

ランサムウェア(Ransomware)

ランサムウェアとは、暗号化などによってファイルを利用不可能な状態にした上で、そのファイルを元に戻すことと引き換えに金銭(身代金)を要求するマルウェアを指します。
身代金を支払ってもデータが元に戻る保証はない上に、2019年くらいからはデータ凍結を引き換えに身代金を要求するだけではなく、その機密情報をダークウェブ(闇市場)に開示するという二重恐喝型が主流となっており、実際に情報を公開された被害も出ています。

なぜマルウェアが広まるのか?目的や意味とは

マルウェアが開発された当初は、パソコンに感染させることで相手を困らせたり驚かせたりなどのマルウェアが多く、多くが自身のITスキルを誇示するだけのイタズラ目的でした。
そのため、被害者がマルウェアの存在に気付きやすい傾向にありましたが、金銭目的の犯罪手法として活用され始めてからは、マルウェアに侵入されたことに気付いた時には既に被害に遭った後というケースが殆どでしょう。
「情報」が何よりも高価な資産である現代では、マルウェア被害に伴って数千万円、数億円という損害が出るようにもなり、一度の被害で倒産に追い込まれるケースもゼロではありません。サイバー犯罪が商用化されるのは自然な流れかもしれませんが、現在はダークウェブ(闇市場)上でマルウェアが売買され、本人にITスキルがなくても攻撃者へまわることが出来るようになっています。

マルウェアに感染する経路とは

直接脆弱性をついて侵入を計るケースも勿論ありますが、多くはユーザの動作がトリガーになって侵入を許してしまっています。では、感染経路にはどのようなものがあるのでしょうか。

悪意あるWEBサイトや不正サイトの閲覧

マルウェアが埋め込まれたWebサイトを訪問すると、コンピュータにマルウェアが感染します。少し前の時代は、Webサイトからのマルウェア感染は自ら怪しいサイトを訪れない限りないと考えられていましたが、最近では正規のwebサイトにアクセスしているのにマルウェアに感染してしまうケースがあります。
これは犯罪者が予め正規のWebサイトの脆弱性を狙って不正アクセスを行ない、正規サイトに改ざんを加え、ユーザがアクセスした時にユーザがマルウェア感染するよう罠を仕込んだためです。
これは、すでに正規サイトを運営している企業がマルウェア被害に遭っていながら、二次被害を誘発してしまっている状態にあります。

この被害を防ぐためにはセキュリティソフトを導入するのが効果的です。Webサイトを開く前にサイトの評価をして、不審なサイトをブロックしてくれたり、何かをインストールする時にマルウェアを除去してくれたりします。ただし、フリーのセキュリティソフトのなかにはソフト自体にマルウェアを仕込んでいる場合もあります。偽セキュリティソフトによる被害も見られるため、インストール時には細心の注意が必要です。セキュリティソフトを購入する場合は、信頼性の高いメーカーの製品を選ぶようにしてください。

メールの添付ファイルやURL

安全だと思った電子メールの添付ファイルやWebサイトのリンクをクリックすると、マルウェアに感染するというのはニュースなどでもよく聞きますね。
いわゆるメールによる標準型攻撃と呼ばれるものです。
送信者名やHTMLメールのデザインなどを公式のものに酷似させ、あたかも正式なメールであるように見せかけ、ユーザを騙します。送信者名とメールアドレス(ドメイン部分)に整合性が感じられない、件名に「Re:」とついているのに心当たりがない等、怪しいなと思ったら以下の点に留意頂きたいです。

・リンクをクリックしない
・添付ファイルを開かない
・リンクをクリックした場合でもファイルがダウンロードされたらそれは開かずに削除する
・Word・Excelファイルのマクロが無効化されているか確認する
確認方法
①Wordを開き「ファイル」メニューの「その他」から「オプション」をクリック
②「トラストセンター」から「トラストセンターの設定」をクリック
③「マクロの設定」から「警告を表示してすべてのマクロを無効にする」が選択されているか確認

ファイル共有による感染

ファイル共有ソフト(P2Pソフト)やネットワーク上でのファイル共有によってマルウェア感染するケースがあります。
ファイル共有ソフトの場合、ファイル共有ソフト上にウイルス感染したファイルが出回っていることもあり、ウイルスに気づかずにダウンロードするとパソコンがウイルスに感染してしまいます。
また、そのマルウェアに侵されたパソコンが感染源となり、それにつながっているネットワークを経由していろいろなパソコンやサーバに広がっていきます。
多くのコンピュータに感染が広がってしまうと削除しきれないケースも多く、その後の対応が難しくなってしまいます。知っている人同士のファイル共有であっても、安心とは言い切れないということを肝に銘じておきましょう。

リムーバブルメディアによる感染

USBメモリやSDカードなどの記録用メディアにマルウェアが仕組まれており、そのメディアを接続した際に感染してしまうケースです。
近年はクラウドのドライブで共有することも増えたため、数は減りつつあるかもしれません。

マルウェアに感染するとどうなる?

マルウェアに感染すると、主に以下のような被害があります。

  • デバイスが乗っ取られる
  • データが勝手に削除、改ざんされたり流出させられたりする
  • パスワードや機密情報が盗聴される
  • 踏み台として利用され、外部への攻撃やスパムメールの発射台にされる

過去、某国立大学では、業務用パソコンがマルウェアに感染したことで不正アクセスが発生、36,000件もの個人情報が流出しました。

今回紹介したマルウェアは、一度感染すると莫大な被害につながる可能性があります。
機密情報の流出は企業利益の損失に直結します。情報流出を食い止めることができたとしても、データの消去やコンピュータのフリーズ、ブラックアウトなどが起こると、復旧までに時間を要します。復旧時間が長ければ長いほど業務の作業効率は落ち、売上にも影響が出ることは必至です。

復旧が難しいと新しくネットワーク環境やパソコンなどを導入する必要性が出てくるため、コストもかかります。さらに企業のマルウェア感染の情報が外に漏れれば「セキュリティ対策が万全ではない」という印象を世間に与え、会社の信用失墜につながるおそれもあります。

マルウェア感染が企業に与える影響について、100名の社会人に質問をしてみました。

【質問】
会社の通信機器がマルウェアに感染した場合、懸念されるリスクにはどのようなことがあると思いますか?

・個人情報を抜かれるのも危険ですが、一番恐ろしいのは他社のサーバに対しての攻撃の踏み台にされる危険があるかと思います。(40代/男性/個人事業主・フリーランス)

・顧客の個人情報は勿論の事、会社の金融情報などが抜かれてしまうと大変な事になると思う。(30代/女性/専業主婦)

・個人情報や社外秘情報の流出が一番社外的には大きいリスクかと。社内データの削除や改ざんによって業務停止が起こる可能性もあります。(50代/女性/専業主婦)

・業務上の情報取得とメールのやりとりにまず被害が及び業務進展状況に影響が出る。(60代/女性/専業主婦)

・顧客情報の流出による損害賠償および会社の信用の失墜。(30代/男性/個人事業主・フリーランス)

【調査結果】

フリー回答

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 - 29 30 - 39 40 - 49 50 - 59 60

調査期間:2017年06月07日~2017年06月14日

有効回答数:100サンプル

一番多かったのは情報漏えいに関するリスクに関してのコメントです。顧客や取引相手に多大な迷惑がかかるほか、企業イメージが著しく低下します。かなり危機感を持っている人が多い印象でした。

こんなときは感染しているかも?

マルウェア感染しているパソコンには、特徴的な兆候が見られるケースもあります。例えば、何もしていないのにいきなりポップアップ広告が出るなどです。閲覧中のサイトの内容と関係のないポップアップ広告であれば、マルウェア感染しているおそれがあります。パソコンを起動してすぐに表示される場合は特に可能性が高いと言えるでしょう。

また、マルウェアに感染したパソコンはCPUやメモリを多く消費することもあるので、動作が遅くなったり画面がブラックアウトしたりするなどの症状が出る場合もあります。パソコンを起動し直しても同じ症状が頻発するようなら、マルウェア感染の影響と考えて良いでしょう。

また、Webブラウザを起動すると設定していないWebサイトが表示されるケースもあります。ブラウザのホーム画面の設定を変更しても、パソコンを再起動させると元に戻ってしまうケースが多いです。セキュリティソフトで調べなくても、これらの症状が出た場合はマルウェア感染を疑ってください。いち早く対策が必要です。

マルウェアに感染した兆候チェックリスト

  • パソコンの動作が急に重くなった
  • 知らない間にデータが消えてたりしている
  • 再起動を勝手に繰り返すようになる
  • タスクマネージャーで確認したときに身に覚えのないプログラムが動いている
  • Webサイト閲覧中に、よくわからないポップアップが表示される

などに当てはまる場合は、一度デバイスをチェックしてみましょう。

マルウェアのチェック方法とは?

コントロールパネルで感染確認が可能

Windows OSを例に紹介します。
マルウェア感染の疑いがある場合、パソコンの基本設定を行うコントロールパネルで感染確認と削除をする方法があります。
コントロールパネルからプログラムを開き、パソコンにインストールされているソフトウェアを確認します。そのなかにインストールした覚えのない不審なソフトウェアがあれば、インターネットでソフトウェアを検索してみます。
検索で悪質ソフトであることがわかったらアンインストールなどの対応を行ってください。

ツールの活用で手間なく簡単に検出可能

マルウェア対策には、ウイルス対策ソフトやセキュリティソフトをインストールしておくことをおすすめします。セキュリティソフトはコンピュータに関する専門知識がなくても簡単に操作できるのがメリットです。

マルウェアの検出から削除まで行えるので、インターネットを使うなら必ず入れておきたいソフトウェアです。無料のソフトと有料のソフトがありますが、有料の防御層の厚いセキュリティソフトがおすすめです。

有料ソフトは無料体験版でお試しすることができたりするので、どのソフトが良いか迷ったら、まずは無料体験版を試してみましょう。セキュリティソフトをパソコンに入れておくと、マルウェアが入ってきた時点で検知してくれます。

また、定期的にセキュリティソフトでスキャンして、不審なソフトがないかをチェックしてください。もしマルウェアが見つかっても、セキュリティソフトで削除できるので安心です。必ずしもセキュリティソフトでマルウェアを検知できるわけではないものの、セキュリティソフトを導入しないのは、家の扉を開けっ放しにして寝ているようなものです。コストはかかりますがセキュリティソフトは必ず入れたいですね。

マルウェアに感染したとき、まず最初に行うこととは

まずマルウェアが感染した疑いのあるパソコンをすべてのネットワークから切り離します。
マルウェアは共有フォルダで自分のコピーを生み出します。ネットワークにつないだままだとほかのコンピュータに拡大感染するおそれがありますので、社内LANやインターネット接続はすべて切ってください。

次にセキュリティソフトを使ってスキャンします。この際、新しいマルウェアの検出漏れを防ぐために日頃からセキュリティソフトのパターンファイルは最新版にしておきましょう。
マルウェアが検出されたらひとまず削除せず、誤検出だった場合を想定して復元できるようにしておいてください。あとはパソコンを再起動して再スキャンを行い、マルウェアが検出されなければOKです。検出したマルウェアはセキュリティソフトのメーカーに提出して調べてもらい、対応を仰いでください。

マルウェアに感染した場合、削除する方法はあるのか

マルウェア感染の疑いがある場合、削除をする方法をご紹介します。

コントロールパネルを活用する

1つ目は前述したパソコンのコントロールパネルを利用する方法です。
コントロールパネルを利用し、不審なソフトウェアを検出し調査、特定を行います。
コントロールパネルより対象のソフトウェアをアンインストールし、パソコンを再起動をします。
パソコンの動作が正常に戻れば解決です。もしパソコンの不具合が直らなければ、ほかに原因があります。
ちなみにコントロールパネルからアンインストールする方法は、パソコンに詳しい人向けです。不用意にソフトウェアをアンインストールすると逆にパソコンが動作しなくなる可能性があるため、セキュリティやパソコンの知識に自信のない人はセキュリティ対策ソフトで不審ソフトをチェックしてからクリーンアップを行うほうが良いでしょう。

消えない場合はセキュリティソフトを使用

コントロールパネルで不審ソフトをアンインストールできない場合は、セキュリティソフトで試してみてください。
セキュリティソフトでパソコンをスキャンし、不審ソフトの有無を確認します。マルウェアが見つかったら削除処理をしてください。もしマルウェア感染のためにパソコンが起動できないようなら、起動機能のついたセキュリティソフトディスクを使用します。

パソコンにディスクを入れると、セキュリティソフトからパソコンを起動することができます。そのままパソコンをスキャンしてマルウェアを検知できれば駆除することが可能です。
セキュリティソフトを使用する際は、セキュリティソフト自体が安全かどうかを確認することも必要です。

なかには、セキュリティソフトと謳ったウイルスソフトも存在しますので、パソコンにインストールする前にチェックしてください。インターネット上に落ちているセキュリティソフトではなく、大手ベンダーから出ている有料セキュリティソフトを使うほうが安心と言えるでしょう。

最終手段はパソコンの初期化

これまでの方法でもパソコンが正常に起動しない場合は、パソコンの初期化を行うことでマルウェアを削除することができます。OSのシステムディスクをパソコンに入れて起動すると初期化することができます。もしくは初期化してからインストールを行なってください。
再インストールすることでシステムドライブも初期化され、マルウェアが削除できます。パソコンの初期化は最終手段で、日頃からデータのバックアップをしておくことが重要です。

バックアップデータにマルウェアが感染している場合は、そのまま復元すると再度パソコンが被害に遭います。
もし感染しているファイルが判明しているなら、そのファイルはバックアップしないように注意しましょう。ただ、バックアップデータ自体が暗号化されてしまうケースもあり、そうなるとデータ復旧はかなり難しくなります。普段からセキュリティソフトを使って、頻繁にマルウェアチェックを行うことが大切です。

マルウェアに感染しないために!主な対策とは

手っ取り早く!セキュリティ対策ソフトの利用

とりあえずマルウェア対策をするなら、セキュリティ対策ソフトの導入がおすすめです。セキュリティ対策ソフトもいろいろなベンダーから販売されています。
アンチウイルスソフトはデバイスにダウンロードして使わせるダウンロード型が主流でしたが、近年はクラウド型も台頭してきています。
ダウンロード型だと、ライセンス切れが起こらないよう管理が必要であったり、アップデートは社内ネットワークに繋がっている時に限定されてしまうこと、最新のセキュリティパッチがリリースされてから実際にパッチ適用するまでにタイムラグが生じる可能性があること、アップデート時にネットワーク負荷が大きくかかる事などがデメリットでした。
クラウド型はそれらが解消されるため、近年はクラウド型が広く普及してきています。
機能としては、パターンマッチングによる既知のマルウェア検出に、振る舞い検知やサンドボックスが付加価値として追加されてるものが多いです。

ただし、導入したからといって100%マルウェアを防げるわけではありません。
最近のウイルスは、自分がサンドボックスにいると分かった瞬間動作しない(振る舞いを止める)ものがあったり、未知のマルウェアを検知する手段に100%の安全性を求めることは難しいのです。
その為に、SWG(Secure Web Gateway等、ゼロトラストセキュリティを基盤とする多層防御の構築、感染する事を前提として対策するEDR(Endpoint Detection and Response)との併用が必須になりつつあります。

OSやソフトウェアは常に最新の状態に!

マルウェアが感染する原因として、ソフトウェアやOSの脆弱性が狙われるケースがあります。この場合、ソフトウェアやOSの開発者が、セキュリティホールを塞ぐための修正プログラムをインターネット上で配布していることがあるため、該当のソフトウェアやOSを使用している場合は速やかに修正プログラムを実行させてください。

マルウェアは常に進化しながら、あの手この手で不特定多数のパソコンを狙ってきます。そのため、ソフトウェアやOSを提供する企業や開発者も、日々アップデートを続けています。
マルウェアからパソコンを守るには、プログラムを最新の状態にしておくことが肝心です。
古いバージョンのまま使い続けているのは、過去に見つかった脆弱性を放置したままパソコンを使っていることになります。そのままでは「いつでも攻撃してください」と言っているようなもので大変危険です。

実際、すでにサポート期間が終了したOSを使い続けているユーザを深刻な被害から護るため、ベンダーが急遽セキュリティパッチを公開した例もあります。ソフトウェアやOSの更新には時間はかかりますが、アップデート作業はパソコンが勝手にやってくれますので、もし放置しているパソコンがあったらすぐにでもアップデートをかけるようにしてください。

マルウェアはスマートフォンにも感染する!

今やパソコン以上に日常に根付いているスマートフォン。そのマルウェア対策をしている人はどのくらいいるでしょう。
パソコンのマルウェア感染がニュースになることが多いので見落とされがちですが、マルウェアはスマートフォンやタブレットにも感染します。スマートフォンがマルウェアに感染すると動作が遅くなったりデータ使用量がやたらと増加したり、身に覚えのない請求が届いたりするケースがあります。スマートフォン用のセキュリティ対策ソフトも出ていますので、必ず導入するようにしましょう。

何も対策していないなら、とりあえず無料の対策ソフトでも構いません。ただし、対策ソフト自体が安全かどうかを確認することも必要です。なかには、セキュリティ対策ソフトと謳ってマルウェアを配布する悪意あるソフトも存在しますので、スマートフォンにインストールする前にチェックしてください。ここでも大手ベンダーから出ているセキュリティ対策ソフトを使うほうが安心と言えるでしょう。

パソコンと違いスマートフォンやタブレットは外出時に使用するケースも多く、フリーWi-Fiに接続する機会もあるので、パソコン以上に狙われやすいと言っても過言ではありません。もしスマートフォンの動作が遅い、よくフリーズするなどの症状が見られたら、モバイル用セキュリティ対策ソフトでマルウェア感染がないかをチェックし、クリーンアップするようにしましょう。パソコン同様、アップデートがかかったらOSもアプリケーションもすべて最新の状態にしてください。モバイルは持ち歩きやすく扱いやすいからこそ、特にセキュリティ対策が必要との認識が大切です。
社用携帯などにおいてはMDM( Mobile Device Management)という、モバイルデバイス管理のサービスを導入し、従業員の保有するデバイスを把握しつつ、OSバージョン管理やセキュリティ対策を施すというのも検討してもよいでしょう。

まとめ

マルウェアは怖い存在ですが、特徴や感染経路、マルウェアの予防と対策をしっかり覚えておけば、無闇に怖がる必要はありません。マルウェア対策の基本はセキュリティソフトを導入しておくことです。

完全にマルウェアを防ぐことにはなりませんが、それでもマルウェア被害のリスクは最小限に抑えられます。社員一人ひとりが感染するおそれのある行動を慎むと同時に、全社的なセキュリティ対策が大切です。

この記事に関連するお役立ち資料はこちら

情報システム・セキュリティ学びスタートアップガイドVol.2【SOCサービス】

企業へのサイバー攻撃は年々巧妙化しており、ファイアウォールやアンチウィルスだけでは防ぎきれません。高度なセキュリティ対策を行うには、専門的な知識を持った人材が必要です。しかし、規模の小さい企業などでは、そんな人材を確保することは簡単ではありません。

本資料では、近年増加している、セキュリティ対策チームをアウトソースするという考え方に基づいた「SOC」について詳しく紹介しています。

ダウンロードする

さらに理解を深めたい方にオススメの記事はこちら

関連サービス