データセンターとは何をするところ?
利用方法や選び方まで紹介

お役立ちコラム

自社サイトを立ち上げるとき、サーバを運営する必要があります。サーバがないと顧客データも、サイトのデータも保存することができないからです。ここでは、サーバの運営を考えている企業のために、データセンターのハウジング・コロケーション・ホスティングについて紹介していきます。サーバの設置方法に悩んでいる企業は、最後まで目を通してみてください。

データセンターとは?

サーバを運用するときに、自社で設備を整えるか、クラウドサービスを利用するか、2つの選択肢があります。
前者はオンプレミス型、後者はクラウド型と呼ばれています。
もしも、オンプレミス型を選択するなら、自社内にサーバを設置する、あるいはデータセンターにサーバを置かせてもらうか決める必要があります。
データセンターは、サーバを置く場所を提供する施設です。
サーバに必要な電源設備が整えられているうえに、空調設備や耐震設備もあります。
自社で一から用意する必要がないので、サーバを運用する際はデータセンターを選択するのも良いでしょう。

インターネット構成

サーバの設置環境を整えるのは、意外と手間がかかるものです。
使いたいときに直ぐに動かせるように、常にサーバを稼働させておく必要があるからです。
ずっとサーバが稼働していると、内部の温度が上昇し過ぎて動かなくなるリスクがあるので、温度や空調の管理が求められます。
また、トラブルがあってもサーバが稼働し続けられるように、電源系統や電源容量の管理、停電や地震の対策をすることも大切です。
さらに、サーバには自社の大事なデータが入っているので、悪用されないように、入室規制や施錠できる場所への設置を考える必要があります。
上記のような対策を取ることが難しいため、手軽に使えるデータセンターは重宝されています。

データセンターの利用について

データセンターと一括りにいっても、サービス体系はさまざまです。
サーバは自社で用意して場所だけ借りたいのか、あるいは場所だけでなく設備も使いたいのか、利用目的に合わせてサービスを選んでいきます。
データセンターで多くみられるのが、ホスティングとハウジングというサービスです。
ホスティングは、自社でサーバを用意しなくて済むサービスで、必要な分だけサーバの容量を借りることができます。
サーバをレンタルできることから、レンタルサーバとも呼ばれています。

インターネット構成

サーバの運用や保守は、ホスティングを提供しているデータセンター側で行ってくれるので、管理が楽です。
ただし、サーバのハードウェアやOSが自由に選べない可能性が高いため、選択肢が狭められるというデメリットあります。
一方で、ハウジングは、サーバを自社で用意して場所だけ貸してもらうサービスです。
場所だけ貸してもらうといっても、サーバを置くラックや電源設備を借りられるうえに、空調管理や温度管理も任せられます。

何よりもサーバのハードウェアやOSを自分で選べるため、サイトの構成がしやすく、トラブル発生時に対処しやすいというメリットがあります。
データセンターのスペースだけを借りることをコロケーションと呼んでいるところもあるため、料金内でどこまで対応してくれるかは確かめておきましょう。
ハウジング(コロケーション)は既存のシステムとの連携もしやすいですが、ホスティングより費用がかかるため、どちらを取るかは十分に考えたいところです。

データセンターを選ぶポイント

データセンターを選ぶときは、実運用までどれくらい時間がとれるか考えましょう。
実運用を早くしたいと考えているなら、サーバや設備を借りられるホスティングがおすすめです。
自社でサーバを準備や保守をする手間がない分、コストを抑えられるのも魅力です。
一方で、実運用まで時間がかかるのは仕方ないと割り切っているなら、好きに構成できるハウジングのほうが使い勝手は良いでしょう。
自社でサーバや周辺機器を用意するので、コストはかかりますが、自社で用意したものなのでずっと使い続けられます。

そして、もう一つ、データセンターを選ぶときは、駆け付けられる距離かどうかを見ておくことも大切です。
自社内にサーバを用意するなら緊急時に対応しやすいですが、データセンターにサーバを置いてもらうなら駆け付ける必要があります。
データセンターは、サーバをたくさん設置するため、広い土地がある郊外に多く建てられています。
そのため、郊外にあるデータセンターを利用するときは、自社の社員が駆け付けられる距離かどうかを、確かめておくと良いでしょう。

ホスティングの場合は、全てデータセンター側に任せることもできますが、信頼性や安全性が高いところでないと、トラブルになることもあります。
アクセス集中によってサーバがダウンしたり、ハッキングされたりするリスクがあるのです。
データセンターに任せることが多いほど、費用もかさみます。トラブルや今後のことを考えてハウジングにするか、コストや導入のことを考えてホスティングにするかはよく考えて決めましょう。

データセンターを利用するなら費用と手間を考えて

データセンターは、自社にサーバを設置するよりも、手間や費用負担は少なくて済みます。
どこまでデータセンターに任せるかで費用も変わるので、自社で取り組む範囲を決めておくことが大切です。
そのうえで、費用対効果に見合うかをよく検討し、自社にサーバを設置するのか、それともデータセンターを利用するのかを決めていきましょう。

関連ストーリー

「共有型」と「専有型」のサービスの違いが分かるストーリーはこちら。
具体的な問題点や解決方法を紹介しています。

ページ推移リンク
クラウド

Episode26
BCP対策は大丈夫?データセンター利用でサーバ管理の問題をICT SOLUTION!

新着コンテンツ

カテゴリー

登場 キャラクター 紹介
USEN GATE 02
Twitter
テレワーク事例紹介