テレワークをしている社員に聞いてみた
3つの良いところ/悪いところ

2020.3.30
これからテレワーク(リモートワーク)や在宅勤務を始めようと考えている方は非常に多いと思います。「会社で行っていた業務は家でできるの?」「会議はどうしたらいいの?」「コミュニケーションはどうやって取るの?」テレワークを始めるにあたって、こういった不安や悩みを持っている方は少なくないはずです。

弊社でも去年から在宅勤務を始めた社員がおります。今回は、実際に在宅勤務をしている橋本さんに、在宅勤務で感じた3つのメリットとデメリットをインタビューしてみました!

株式会社 USEN Smart Works 橋本 絢加 さん

--それでは、橋本さん。まずは普段どんな業務をしているのか教えていただけますか?

橋本さん:電話やメールでお客様の定期フォローをしています。
サービス終了のご案内や、イベントやセミナーへご参加いただいた方へフォローコールなども行ってます。

--テレワークを始めたきっかけはなんでしょう?

橋本さん:妊娠・出産・育児を機にテレワークをスタートしました。
最初は妊婦特有の体調不良が理由でテレワークを開始させてもらいました。
育休から復帰した今は会社までの通勤時間が1時間30分以上かかり、保育園のお迎えに間に合わないため、引き続きテレワークをしています。

--テレワークはどこで行っているのでしょうか?

橋本さん:いつも自宅です。リビングの横にデスク付きのスペースがあるのですが、そこで行ってます。カフェで仕事したいなと考えた時もありましたが、電話での業務が多い点を考えると、お客さま情報を守るためにも自宅が最適かなと思っています。

自宅で業務を行う橋本さん

--在宅勤務なんですね!実際にやっていて感じたメリットはどんなところでしょう?

橋本さん:在宅勤務には、メリットがたくさんありますが、3つあげるとしたら...
まず一番は通勤時間の短縮です!
育児や家事をしながら仕事をするには無駄な時間をうまく省かないといけないと思っています。おかげで子供たちと接する時間も増えましたし、お迎え要請があったときにもすぐに対応できます。
自分自身のライフワークバランスを考えたときにいい手段だと考えています。

つぎにタイムリーなところでいうと、コロナウイルスの感染経路を減らせる点がありがたいなと思っています。
先日電車で「テレワークを厚労省が推奨しています。」って音声が流れて驚きましたが、確かに電車は感染リスクが高いですよね。
インフルエンザなども含めて自宅、会社にウイルスを持ち込まない、という点もいいと感じています。

最後に、テレワークに慣れてきて最近感じるメリットですが、仕事に集中しやすいです。
自宅でほぼ毎日誰もいない環境で仕事をしているので、お客さまに電話する際に余計な話声が先方に聞こえることもないです。
お客さまから実際に「なんか全然雑音がしないね」といわれたこともあります。
入力作業や報告書作成などは、黙々と入力することもできます。
一人で淡々と行う業務は、むしろ会社にいる時より効率的かもしれませんね。

メリット①

通勤時間を短縮!家事や子供と接する時間が増えるようになった!

メリット②

ウイルスの感染リスク軽減できる!

メリット③

自分の業務に集中できる!

--それでは、つぎに在宅勤務で困っていることはありますか?

橋本さん:目の前に人がいればちょこっと聞ける質問や雑談などの情報収集源が少ない点ですね。
Chatを使っていますので、適宜質問はしていますが、それでも社内にいたほうがやはり情報が入ってくるとは思います。

あと、テレワーク始めたときに困ったのは、仕事のスイッチの入れ方です。
最初のころは仕事開始の意識を持つのに時間がかかり、集中できない時もありました。
今は自宅にいるからといって気を抜かず、メイクして服着替えて、あと勤怠管理システムで出退勤をするようになってからはかなりスイッチオンオフできるようになりました。
勤務中は家事はしない!ということも仕事を意識するために行ってます。

次に自分がどんな業務をしているのかチームメンバーが把握できないという点です。
自分がどんなスケジュールで一日を過ごしているか知ってもらっていたほうが、業務が効率的かどうか見てもらいやすいですよね。
私の場合はカレンダーに一日の業務内容を時間ごとに入力して共有するようにしています。
自分で一日のスケジュール立てるのにも役立っています。

デメリット①

雑談で得られる情報収集源がない!

デメリット②

仕事スイッチのオンオフ切り替えが最初大変!

デメリット③

業務内容や進捗が把握されづらい!

--ありがとうございます。
ここからはテレワークを始めようとしている方が、不安に思っていることについて聞かせてください。

 次ページへ