テレワークのための必須ツール?!
仮想デスクトップとリモートデスクトップサービスの違いとは?

お役立ちコラム

テレワークを導入するのであれば、仮想デスクトップやリモートデスクトップサービスがよいというのを聞いたことがある人もいるでしょう。しかし、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。また、どちらの方式を選ぶべきなのかも気になりますよね。そこで、仮想デスクトップとリモートデスクトップサービスについて紹介し、違いや適しているシーンについても解説します。

仮想デスクトップ(VDI)とは?

仮想デスクトップ(VDI)は、Virtual Desktop InitiativeまたはVirtual Desktop Infrastructureの頭文字をとったものであり、コンピューターのデスクトップ環境を拡張するソフトウェアの1つ、またそれらのソフトウェアによって拡張されたデスクトップのことを指します。
1台のサーバーを仮想的に分割し、個別のPC環境を複数構築し、ユーザーはそれぞれ自分専用の環境を利用します。
端末からは操作(指示)を行うだけであり、実際処理をするのはサーバー側で、ユーザー側の端末へは画面転送をしているだけです。
したがって、処理パフォーマンスはサーバー側のスペックに左右されます。

仮想デスクトップはメリットが多いです。
まず、サーバーが集中管理されるため、PCを1台ずつ管理するための負担が減り、無駄なコストが削減できます。
クライアント端末に情報が保存されないことから、セキュリティ面でも安全ですね。
スマートデバイスでも使用できますので、テレワークも問題なく行えるでしょう。
このようにメリットの多い仮想デスクトップですが、仮想環境を構築するための技術的なハードルが高いのが難点です。
また、インターネット環境が必要となりますので、オフライン状態では何もできません。
さらに、災害などで肝心のサーバーが故障してしまうと、使えなくなってしまうのがデメリットです。

シンクライアントとは何が違うの?

仮想デスクトップについて調べていくと必ず「シンクライアント」にもぶつかりますよね。
シンクライアントという言葉は、「Thin(薄い)Client」の名の通り、ユーザーが使用するクライアント端末の機能を最小限に抑え(HDDやSSDなどを省くなど)、アプリケーションのインストールも行わないというシステム形式を指したり、またはそのような機能のクライアント自体を指しています。アプリケーションの処理はクライアント側では行わずサーバー側で行う仕組みが採用されており、データを端末内に留めることがありません。
端末の機能を抑えシンプルにすることで、サーバー側で一括して管理ができるようになります。
このように、シンクライアントは手元の端末では操作だけを行うという形式の総称で、仮想デスクトップ(VDI)はシンクライアントを実現する為の手法の1つといえます。

シンクライアントという技術自体は1990年代からありましたが、当時は通信速度やサーバスペックが現在に劣る事から実務に耐えられるレベルに至らず普及に二の足を踏みました。
2000年代後半より通信速度の向上や仮想化技術の進歩が後押しして実務に利用できるようになり、VDI(を使ったシンクライアント)が普及しました。

リモートデスクトップサービス(RDS)とは?

リモートデスクトップサービス(RDS)は、Remote Desktop Servicesの略で、サーバーOS内にあるVMをユーザー全体で共有する仕組みです。
仮想デスクトップはユーザーの人数分のリソースを構築しますが、リモートデスクトップの場合にはユーザーごとの個別の環境が構築されません。
例えば、ユーザーの人数が6人でも、同時に使用するのは3人というケースもありますよね。
そういった場合、3人分のリソースが構築されていれば十分だといえるでしょう。
RDSは余分なリソースを構築しませんので、コストパフォーマンスに優れているのがメリットです。

また、環境の一括管理も得意としています。ユーザー全員が1つの共通した環境を使うため、OSのアップデートなどが簡単に行えるでしょう。
管理者が仮想環境全体を把握しやすいともいえ、セキュリティ面でも高い効果が期待できます。
しかしながら、ユーザー毎のカスタマイズなどができない点がデメリットです。
個別のアプリをインストールすることも不可能なため、自由度が低くなってしまいます。

シーン別活用術が知りたい!VDIとRDSどちらを採用すべきか?

VDIとRDSは、その特性を把握してシーンごとに使い分けるのがよいでしょう。

VDIおすすめの利用シーン

・サーバーのハードウェア資産を効率的に利用したい
・ユーザーごとに固有の環境を用意したい

RDSおすすめの利用シーン

・費用を抑えたい
・ユーザーの環境が共通で構わない(共同作業型の業務である等)

VDIは、構築のハードルが比較的高いのがネックです。
その場合は、VDIをサービスとして利用できる「DaaS(Desktop as a Service)」を導入するという手もあります。

VDIとRDSについて分かるとリモートワークがうまくいく!

VDIもRDSも仮想環境を使って作業を行い、クライアント端末には情報を残さない、セキュリティはサーバ側で集中管理する事で賄える…等、共通するメリットが沢山あります。
ユーザーに個別のリソースを構築するVDIに対し、RDSは最小限のリソースをユーザー同士で共有する方式です。
この2つは大きく異なるため、適しているシーンも異なります。
したがって、VDIやRDSを検討される際には、自社ではどのようなスタイルで業務を進めているのかを考えることが大切です。
そうすることで、どちらを選ぶといいのかが分かり、テレワークを成功へと導きます。
ただし、いずれもインターネットを経由しますので、不正アクセス等には予め警戒しましょう。
アクセス制御も平行して見直し or 検討されることをお薦めします。

関連ストーリー

セキュリティに関するストーリはこちら。
具体的な問題点や解決方法を紹介しています。

ページ推移リンク
インターネット接続

Episode2
社内業務のクラウド化で後悔する前に!知っておきたい快適な回線の選び方をICT SOLUTION!

ページ推移リンク
VPN/閉域網

Episode3
社外からでも安全にアクセス!働き方改革時代の社内システムをICT SOLUTION!

ページ推移リンク
セキュリティ

Episode4
会社に行かなくても仕事ができる環境に!働き方を変えるリモートワーク導入をICT SOLUTION!

ページ推移リンク
セキュリティ

Episode32
社内のIT資産に脆弱性?ツールで漏れなく自動管理を!LANウォッチャーで ICT SOLUTION!

関連するお役立ちコラム

新着コンテンツ

カテゴリー

登場 キャラクター 紹介
USEN GATE 02
Twitter
テレワーク事例紹介