「本社を離れられない用事があるのに現地に赴いて作業しなければならない用件もある・・・」
少人数で社内ネットワークを管理している会社なら、一度は対峙した事があるかもしれません。
一箇所集中型管理が実現すればと願ったシステム担当の方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな要望に応えるSD-WANをご紹介します。
メリット・デメリットや具体的な効果も紹介するので、導入を検討する際にお役立て頂ければと思います。

SD-WANとは何か?仮想ネットワークで企業活動を応援

SD-WANとはWAN「Wide Area Network」 にSDN「Software Defined Network」技術を導入したものです。
WANとは、LAN「Local Area Network」と相対関係にある言葉であり、社内や家庭内など限られた範囲のネットワークを指すLANに対し、WANはより広い領域のネットワークを指します(インターネットとほぼ同意)
SDNの技術的なポイントは、ネットワーク制御機能とデータ転送機能を分離し、ネットワーク制御をソフトウェアで一元管理する点です。

※SDNの解説記事はこちらから

SD-WANが生まれた背景として、昨今のクラウドサービスの加速的普及や、ロケーションやデバイスに制限されない働き方の浸透が大きく起因しています。
従来のスター型ネットワークではセンターに位置するサーバや回線へアクセスが集中してしまうという課題がありました。
企業がクラウド上のサービスを活発に利用するようになると、従来のネットワークでは本社やデータセンタの回線やサーバでアクセス過多が起こり、通信速度が落ちるなどの障害も見られるようにります。
このようなことから、テレワークやWeb会議などにも支障が起きることを鑑みる、快適な通信環境を確保するためにSD-WANの導入が進みました。SD-WANはそれぞれのアプリケーションを識別してユーザポリシに基づいたWANのトラフィックのコントロールが可能です。
そのため、複数用意しているWAN回線やサーバをより効率よく動かせるようになります。

SD-WANのメリット・デメリットとは?

SD-WANのメリット

SD-WANのメリットとして代表的なのが、ゼロタッチプロビジョニング(ZTP)です。
ゼロタッチプロビジョニングとは、ネットワークスイッチなどの設定作業を自動化し、導入現場でネットワークに接続して起動するだけで使用できるようにすることです。
かつては社内ネットワークを構築する場合、それぞれの拠点で接続確認を行える専門の担当者が必要でした。
しかしSD-WANを利用すれば、現地に専門的なスキルを持つ担当者を配置する必要はありません。
機器の電源を入れてケーブルに繋げられさえすれば、正規のネットワークに接続することができます。
つまり、SD-WANを導入することで、大幅にWAN構築が簡単になります。

また、インターネットブレイクアウトに対応していることもメリットの一つです。
大勢がネットを使うと、通信が重くなりますよね。
SD-WANは、通信中のアプリケーションを識別する事ができます。
各アプリケーションの使用状況も把握できる他、必要に応じて各拠点から直接外部と通信させることが出来るのです(=インターネットブレイクアウト)。
そのため、通信先が増えても効率よくネットを使えるでしょう。

SD-WANのデメリット

現在、SD-WAN対応を掲げる製品は多種多用です。
それぞれのベンダー独自の特徴や機能をアピールしているため、比較検討が難しいことがデメリットでしょう。
あくまで共通している定義は以下の10項目となります。

  1. アクティブ・アクティブ構成でさまざまなWAN回線を制御できる
  2. コモディティなハードウェア上で仮想的なCPE(専用VPNルーター)を提供する
  3. アプリケーション等のポリシーに基づきダイナミックにトラフィック制御できる
  4. セキュリティ、企業ガバナンス、コンプライアンスの要件ごとに個別のアプリに対して可視化、優先度付け、ステアリングを行える
  5. 可用性・柔軟性の高いハイブリッドなWANを構成できる
  6. スイッチやルーターと直接相互接続可能なL2/L3に対応している
  7. 拠点、アプリケーション、VPN品質の状況をダッシュボードで可視化したりレポーティングしたりすることが可能
  8. オープンなノースバウンドAPIを持ちコントローラーへのアクセス・制御が可能
  9. ゼロタッチプロビジョニングに対応している
  10. FIPS-140-2を取得している

※Open Network User Group(ONUG)より技術的な10の要件から抜粋

SD-WANがおすすめなシーンは?ネット環境改善や通信内容の見える化に期待

クラウドサービスを使っているときに、通信速度が遅くなることはないでしょうか。
また、強制的なオンラインアップデートの際に、作業環境が不安定になることもありますよね。
そんな時、SD-WANはアプリケーションの種類を判別し、複数の回線やサーバから最適なルートを導き出し自動で書き換えるので、本社へのアクセス集中を防ぐことができます。
結果として、必要最低限の設備投資で効率的に通信環境を改善できるでしょう。
また、通信内容の「見える化」にも有効です。SD-WANは、どの拠点でどういったアプリケーションが使われているかわかります。
不要な動画視聴などを発見すれば、通信制限を設けることも可能です。
多くのクラウドサービスを利活用している会社や、複数の拠点を持つ企業、期間限定的な拠点を定期的に運用するような業態の企業はSD-WANのメリットを充分に享受出来るのではないでしょうか。

まとめ

クラウドサービスやWeb会議システムの利用など、業務でクラウドやWebサービスを利用することが多くなりました。
既存の通信環境に不満や先々の不安がある場合は、ネットワーク構築の見直しの際にSD-WANも検討材料のひとつにしてみてもいいかもしれません。

この記事に関連するお役立ち資料はこちら

快適な通信環境を実現する Withコロナ時代のネットワーク構成とは

テレワークの利用増加によって引き起こされる遅延の原因と、テレワーク普及下において活用が広がっているSASEというセキュリティモデルを用いたネットワーク構成について解説しています。

ダウンロードする

さらに理解を深めたい方にオススメの記事はこちら

関連サービス