企業の運営において、いまやインターネットは欠かせないものとなっています。しかし、インターネットは便利な反面、さまざまなリスクも潜んでいます。そのため、企業はしっかりとセキュリティ対策を行うことが重要なのです。インターネットに潜むリスクや、必要なセキュリティ対策とはどのようなものなのでしょうか。この記事では、企業が知っておくべきセキュリティ対策について紹介します。

企業におけるセキュリティ対策の必要性とは?

ITの活用が進むビジネスシーンにおいて、重要視されているのが「セキュリティ対策」です。インターネット上にはさまざまな脅威が潜んでいます。
IT化により経営効率が向上する反面、セキュリティの弱点を狙った攻撃が増えているため、注意が必要です。

企業に多い被害例としては、「機密情報の漏えい」が挙げられます。企業内のネットワークにウィルスが侵入することで、情報漏えいが起きてしまうことがあります。
機密情報の漏えいは企業のブランド力や信頼性が大きく低下するおそれがあるため、注意が必要です。
さらに、「個人情報の流出」も多くみられます。万が一、個人情報が外部に漏れた場合は、賠償や訴訟などのトラブルに発展するおそれもあるため気を付けましょう。
企業内だけではなく顧客にまで被害がおよぶため、細心の注意を払う必要があります。
それ以外にも、サイバー攻撃によって社内の基盤システムが停止することもあります。
「ランサムウェア」と呼ばれるマルウェアを利用し、自社システムを人質に取られ、システムを利用するために金銭を要求されるといった被害もあります。
こうしたリスクはインターネットを活用していれば、規模の大小に関係なく、どの企業にも存在します。
特に個人情報の取り扱いと保護は、企業の責務です。
このような被害を受けないためにも、企業がきちんとインターネットを利用するうえでのリスクを理解し、適切なセキュリティ対策を行う必要があるのです。

セキュリティ対策の基本知識「入口対策」「出口対策」「内部対策」とは?

セキュリティ対策の基本は、サイバー攻撃による「外からの侵入」を防ぐことだとされてきました。
しかし、攻撃は巧妙化してきており、この対策法だけでは防ぎきれないケースも出始めたのです。
このような手口の巧妙化に対応するため、注目を集めているのが「多層防御」です。
多層防御とはこれまでに注力されてきた「入口対策」に、「出口対策」「内部対策」を組み合わせたものを指します。
3つの対策を組み合わせることによって、セキュリティをより強固なものにできます。

入口対策は「内部ネットワークへの侵入を防止する」ことが主な目的です。
具体的には、ファイアウォールやスパムフィルタなどを設定し、危険な通信のブロックやウイルスの検知・駆除を行います。
内部対策は、不正侵入してしまったマルウェアなどから、「機密情報を守る」対策です。
入口対策を行っていても、日々新たに増え続けるマルウェアを防ぎ切ることは困難です。
不正侵入や感染をいち早く検出し、除去を行なうなど、さらなる感染を防ぐ事を目的とした、アンチウィルスソフトなどの導入もその1つです。
また、不正な通信が行われた際に、その行動を追跡できるようにするログ管理等も必要です。
さらに、内部対策として浸透しつつあるのがファイル暗号化です。
暗号化することによって、機密情報が外部に漏れた場合にも解読できない状態を作ります。

出口対策は、入り込んだマルウェアによる「外部通信を防ぐ」対策のことをいいます。
侵入したマルウェアが情報を持ち出したり、外部から遠隔で操作を行われたりしないよう、不審な通信を検知・遮断することが主な目的です。

ポイント毎に確認!セキュリティチェックポイント

セキュリティ対策をしようとするとまず、ソリューションの数の多さに驚くのではないでしょうか。

セキュリティ対策と言っても、用途や状況に応じてその種類はたくさんあります。
その中で前述した入口、出口、内部における基本的な対策を分類しました。

入口対策 UTM、メールフィルタリング、FW、WAF
出口対策 ふるまい検知、マルウェアブロッキング、通信監視、プロキシ
内部対策 ID管理、ファイル暗号化、アンチウイルスソフト、ログ管理、モニタリング、脆弱性診断

それぞれのポイントで考えうる脅威に備え、適切な対策を行うことが必要です。
また、こうしたポイント毎のセキュリティをチェックすることで、足りない対策を明確化し、企業のセキュリティ強化に役立てられます。

また、多種多様な脅威から身を守るために、従来の入口・出口・内部対策に加えて、「ゼロトラストネットワーク」を意識する企業も増えています。
ゼロトラストとは、ネットワークにおいて内部外部問わず、すべてを信頼せずに都度認証することで、脅威から身を守るという概念です。
侵入をその都度許可・拒否することによって、セキュリティ強化につなげられます。
攻撃手段の巧妙化から身を守るためには、定期的にセキュリティ状況を確認し、その企業に合う対策を取り入れることが大切になるでしょう。

ゼロトラストネットワークについての解説記事はこちら(06へのリンクを予定しています)

不十分なセキュリティ対策を強化しよう

企業内の機密情報や顧客の個人情報などは、外部に漏れないように大切に保管する必要があります。
これらの情報は常に部外者から狙われているという意識を持ち、その脅威に対抗するための対策をしっかりと講じることが大切です。
入口・出口・内部対策などをバランス良く行う、またゼロトラストを導入するなどして、セキュリティの強化に努めましょう。

この記事に関連するお役立ち資料はこちら

情報システム・セキリティ学びスタートアップガイド

情報システム業務は、たった1人で担当していたり、専門ではない方が兼務で担っている状況も多いはずです。そんな方々に情報セキュリティの基礎を知っていただくことで、少しでもお仕事がスムーズになるお手伝いができればという思いで資料を作成しました。

ダウンロードする

さらに理解を深めたい方にオススメの記事はこちら

関連サービス