スマートフォンの普及に伴い、Wi-Fiと同じくらい認知度の高まりを見せたのがBluetoothです。どちらもそれぞれ便利で、人によってさまざまな使い方をしていることでしょう。両方ともデジタル機器のワイヤレス化に一役買っている技術ですが、その詳しい仕組みや両者の違いなど、知らない人も少なくないのではないでしょうか?

今回はWi-FiとBluetoothの違いに焦点を当て、メリットとデメリットを紹介していきます。両者をより理解し、双方の利便性をさらに高めていきましょう。

Bluetoothとは

Bluetoothとは、近距離の機器同士が通信する際に利用されることが多い無線通信技術の一つです。
例えば、スマホと無線イヤホン、PCとマウスなど、近くにある機器を無線でつなぐことで、有線のわずらわしさを解消してくれたりします。
語源である「青い歯」は、「乱立する無線規格の統合」という願いを込めて、ノルウェーとスウェーデンを統合したハーラル・ブロタン・ゴームソン王の別名「青歯王」(神経の死んだ歯が特徴の王様だったそうです)が由来になっていると言われています。それ故、ネット界隈では青歯と呼ばれることもあります。

Bluetoothの通信は、5Gや4Gのようなモバイル回線のように通信に対して料金がかかるということはなく、必要なのはBluetooth対応の機器だけです。

Bluetoothは複数の企業がプロモーションに関わっていますが、もともとは1994年にエリクソン社のプロジェクトとして開発されました。日本で知られるようになったのは2000年代前半からで、それから数々のバージョンアップを経て技術進化を遂げています。
世界標準規格であり、Bluetooth規格の標準化団体であるBluetooth SIG(Special Interest Group)に大手デバイスメーカーが参画しているため、一般的に利用される通信規格となり、広く普及しました。今では、パソコンのマウスやキーボード、スマートフォンなどに利用されており、身近な存在であると言えるでしょう。

Bluetoothの規格とClassについて

現在のBluetoothの規格は5.2が最新です(2022年8月現在)。バージョンが変わるごとにデータの転送速度や省電力化機能が向上しており、4.0からは「Bluetooth® Low Energy(BLE)」と省電力機能が利用できたり、4.0以上の対応デバイス同士では省電力モードが可能になったりしています。
バージョンが違っても通信自体は可能です。ただし、4.0のデバイスと3.0のデバイスを接続した場合には、3.0(低いバージョン)の機能に合わせて接続されます。
より高機能のBluetooth通信を利用したい場合は、接続するデバイスのバージョンを最新のものでそろえる必要がありますね。

また、電波の到達距離はClassで変わります。Bluetoothは電波強度レベルをPower Classで定義しており、強度が上がれば電波の到達距離も広くなります。Classには3種類存在し、Class1では最大100m、Class2では最大10m、Class3では最大1mの電波到達距離となります。一般的に販売されているオーディオ製品等のBluetooth対応機器は概ねClass2で設計されています。Classの異なるデバイスを繋ぐ場合は、低いClassに合わせて接続することになります。

Bluetoothの仕組み

極超短波である2.4GHz帯を使った通信でデバイス間をつなぎます。
Bluetooth対応のデバイスには、受信機とソフトウェアを含むチップが内蔵されています。そのチップ同士がリンクすることで、デバイス間の接続が可能になります。

デバイスで利用できるBluetoothの機能は「プロファイル」で定義されており、同じプロファイルがある機器同士が接続することで、その機能を使うことができます。
例えば、PCの入力をBluetoothキーボードで行いたい場合、キーボードとPCにHIDというプロファイルが必要になります。

主なプロファイルと機能についてはこちら

プロファイル名 機能
A2DP 音楽再生。イヤホンなどに音声を送る
AVRCP

オーディオ機器の制御。再生、停止などのリモコン機能を制御する

ANP

着信やメールなどの通知を行う

BIP

画像を転送する

FMP

紛失した機器の場所を特定するために通知やアラーム、バイブレーションを鳴らす

FTP

PC同士でのデータ転送を行う

HFP

ヘッドホンでのハンズフリー通話を行う

HID

マウスやキーボードの入力機能を利用する

バージョンによって使えるプロファイルが異なります。基本的には新しいバージョンには、より高機能のプロファイルが実装されています。

Bluetoothのメリット・デメリット

メリットの一つに、ワイヤレス化が挙げられます。
キーボードやイヤホンなど、従来有線接続をしていたものが無線接続可能になることで、ケーブルの煩わしさが解消され快適に機器の利用ができます。
例えばキーボードがワイヤレスになることで、デスクのレイアウトを自由に設計することができ、見た目のスタイリッシュさや、働きやすい姿勢につながったりします。

デメリットとしては、有線に比べると接続の不安定さがある点、セキュリティに注視しなければならない点が挙げられます。
イヤホンにおいては、やはり有線接続の方が音質がよくなる傾向にありますし、キーボードにおいてもキーの反応や接続の安定性は有線接続に軍配が上がります。
また、有線接続の場合はケーブルで電力供給がされているため、充電の必要がなかったものも多いと思います。Bluetoothにすることで、充電をする手間は増えてしまうでしょう。

また、接続自体が誰でも簡易的にできてしまうため、意図しないユーザやデバイスの通信を許してしまう可能性もあります。Bluetooth自体に固有のIDが割り振られ、同じ電波圏内でデバイスを検知して接続するという仕組みを利用して、個人を特定されてしまう可能性もゼロではありません。
デバイス名自体に個人が特定されるような情報は使わない、もう接続しないBluetoothデバイスがあれば設定から削除する、公共の場で接続設定をしないなど、必要最低限のセキュリティ対策意識を持つようにしたいですね。

BluetoothとWi-Fiの違いとは

通信規格による違い

Wi-FiとBluetoothの通信規格には大きな違いがあります。まず、通信速度に関しては圧倒的にWi-Fiのほうが速いです。規格別で見ていくと、Wi-Fi規格のIEEE802.11gとIEEE802.11aは54Mbps、IEEE802.11nは300Mbps、IEEE802.11acになると6.9Gbps(Wi-Fi5)、最新の規格IEEE802.11axでは9.6Gbps(Wi-Fi6)という圧倒的な高速度を誇っています。対してBluetoothの通信速度は最大でも24Mbpsです。
次に、通信距離に関しても大きく異なります。Wi-Fiは数百メートル先まで電波が届きますが、Bluetoothは届いてもわずか数十メートルで、その特性から近距離無線通信規格に分類されています。
また、Bluetoothの周波数は2.4GHz帯であるのに対し、Wi-Fiは2.4GHz帯、5GHz帯、60GHz帯を使用しています。Wi-Fiで2.4GHz帯を利用する場合、Wi-FiとBluetoothで互いに電波干渉が起き、Wi-Fiの通信状況がかなり落ちてしまいます。この周波数帯は電子レンジやワイヤレススピーカーなどにも採用されているため、同時使用による電波干渉が起こりやすいのが特徴です。
Wi-FiもBluetoothも狭い空間内で、それのみの利用であれば電波状況は安定しますが、同周波数帯の同時使用には注意が必要です。

利便性に見るWi-FiとBluetoothの違い

通信距離が長く通信速度の速いWi-Fiのほうが一見利便性が高いように思えます。しかし、Wi-FiとBluetoothは用途がまったく異なるため、どちらのほうがより利便性が高いかについては一概に決めることはできません。

たとえば、社内ネットワークをワイヤレスで構築するのはWi-Fiの役目です。Wi-Fiルータを経由して複数のデバイスをつなげることができ、電波の届く範囲であれば社内のどこにでもデバイスを持ち運ぶことができます。

対してBluetoothはネットワークの構築には向きません。その代わり、Bluetoothに対応している1つの機器を、近距離にあるもう1つの対応機器につなげるのが得意で、マウスやキーボードなどパソコンまわりの細々とした機器をワイヤレス化するのに大変便利です。通信速度が遅いデメリットはあるものの、消費電力が少ないのもメリットのひとつで、長時間使用するシチュエーションにとても向いています。

Wi-Fiは通信速度が速いのがメリットですが、消費電力が激しく、Wi-Fiを利用しているデバイスのバッテリーが消耗しやすいというデメリットがあります。

Bluetoothの活用例とは

主な活用方法としては、イヤホンなどをワイヤレス接続したり、カーナビでスマホのオーディオを再生したり、デバイス間のデータ共有をワイヤレスにしたりなど、今まで有線接続していたものをケーブルレスにすることに役立ちます。どちらかというと個人向けの活用方法に接してきたユーザーが多いのではないでしょうか。
最近では、Bluetooth4.0で対応した「ビーコン」を利用した活用例も見られるようになっています。ちなみにビーコンとは、Bluetooth通信で電波や光などの信号を一方的に送りつづけるデバイスのことを指します。その信号をデバイスで受信することで、様々なサービスにつなげることができ、例えば道路交通分野では、ビーコンを利用して混雑状況を認識し、カーナビなどで適切な案内ができるようにしたり、山での遭難者の発見に使用する技術としてビーコンが使用されたりしています。商業的な分野でも、ユーザーの位置情報や識別情報を記録して活用することで、施設利用者数の把握や施設滞在者へのアプリを通じた情報発信などにも利用されるようになりました。商品の位置情報や顧客の情報などを組み合わせることで、無人決済も可能になります。
このようにBluetoothの特性を活かし、様々な分野での活用が広がっています。

まとめ

Wi-FiとBluetoothには特徴に大きな違いがあり、そのため用途も大きく異なります。共通しているのは、両者とも無線を使用している技術であるということです。Wi-Fiと比べると、Bluetoothのほうが通信速度も通信距離も劣りますが、消費電力が少ないなどメリットがあります。
Bluetoothを活用した新たな技術・サービスも多数生まれています。情シス担当だけでなく、事業開発を担う方、経営層もBluetoothの技術革新にアンテナを張っておきたいですね。

この記事に関連するお役立ち資料はこちら

今、話題のWi-Fi6の全てがわかる!Wi-Fi6まるわかりBOOK

ビジネスは情報をいかに速く収集し、意思決定を下すかが重要です。エンドポイントであるパソコン・スマートフォン端末とWi-Fiのアクセスポイントを最速で通信できるように設計することが、ビジネスの価値を変える近道になります。
本資料では、通信速度を爆速にするWi-Fi6についてわかりやすく解説します。

ダウンロードする

さらに理解を深めたい方にオススメの記事はこちら

関連サービス