先日Microsoft社から「Windows365」が発表されました。
世間がこぞって注目していると思いますが、何が便利なの?何がそんなにすごいの?と思っている方もいると思います。
今回はWindows365とは何か? についてトライアルを実施してみた感想も添えながら初心者にも分かりやすく解説しつつ、ユーザ目線で運用面、機能面、コスト面のメリットを検証していきたいと思います。
Cloud PCかー...とうとうこんな時代かと思ってしまいますね。

Windows365とは?

Microsoft社のサービスで「○○365」といえばOffice365だったり、Microsoft365だったり…
またリブランドで名称変更?と、混乱してしまいますよね。
しかし、今回のWindows365は全く新しいサービスで、Microsoft365とはサービスが異なります。
Windows365は、端的に表現すると「クラウド版Windows」、これまでデバイスに個別にインストールが必要だったOS(オペレーションシステム)がクラウド化されてしまいました。
Microsoft社はこれを「Cloud PC」と定義付けています。
Microsoft社のDaaS(仮想化デスクトップ)といえばAzure Virtual Desktop(旧WVD)がありますが、こちらはユーザ企業側に高いITリテラシーが必要でした。
Windows365は専門知識がなくても、ブラウザを立ち上げてからわずか数クリックで初期設定まで完了してしまう手軽さも魅力のひとつです。
勿論、より柔軟なカスタマイズ性や豊富なオプションを求める企業向けに Azure Virtual Desktopは残すとの事です。

活用する上でのメリットやデメリットは?

このこと自体何が凄いのかというと、デバイス側の制約を受けなくなるという事です。
これにより、使用しているのデバイスのOSが、MacだろうがWindowsだろうが、もはやPCではなくiPadだろうと、Androidだろうと、高価な高スペックPCだろうと、安価な低スペックPCだろうと、インターネットに繋がれる環境さえ整っていればWindowsが利用できることになります。
OSをMicrosoft Cloudに移行しているので、データはデバイスに残さずクラウド上で保護され、使用するデバイスが複数に亘っても前回の作業からの再開が可能です。
月曜はテレワークで自宅PCからWindows365にアクセスし、火曜は出社して会社PCで作業したとしても、社員は重たいPCを持ち歩いて移動する必要がありません。
運用面だけではなくコスト面でも大きなメリットがあります。
デバイス側の制約を受けないという事は、高価な高スペックPCだろうと、安価な低スペックPCだろうと、同じようにWindowsが利用できるという事でもありますのでコスト削減に直結しますよね。

また、Windows365は月額固定料金のサブスクリプションサービスのため、企業は固定費として経費計上が可能になります。
高額なPCを購入して減価償却費として計上しなければならない…がなくなるので、管理や経理処理の負担も軽減します。
想像しうるデメリットとしては、通信環境が整っていなければ仕事に支障が出てしまうということでしょうか。
通信障害があれば何もできなくなりますし、通信速度が遅いとそのままPC上での操作も遅くなります。
快適な通信環境が必要になります。
クラウド利用増加に伴う、インターネット回線の選び方についてはこちら

一番のポイントはセキュリティの向上?

前述致しましたが、社員が会社支給のPCを持ち歩く必要がなくなります。
そのためPC持ち出しによる破損や紛失のリスク、BYOD(Bring Your Own Device)※によるセキュリティリスクから解放されるというメリットがあります。
そもそもデバイス側にはデータが残りませんので、それだけでセキュリティは向上します。
またクラウドで提供される事により、OSは自動的に最新版が保たれる状態となり、管理者を悩ませるパッチ管理からも解放されるでしょう。
脆弱性は一刻も早く対処したいセキュリティホールですので、これは情シス担当の方からするとかなりありがたいのではないでしょうか。

また、Windows365にログインさえ出来てしまえばどのデバイスからでもアクセスできるという部分を不安視する方もいるかもしれませんが、ログイン時には多要素認証が採用されており、第三者による不正ログインは簡単にできない仕組みになっています。
脆弱性についての解説記事こちら

※BYOD(Bring Your Own Device):業務に私物のスマートフォンやノートパソコンなどのデバイスを使用すること。
企業側は私物のデバイスにまで管理の手を伸ばせないので、パッチ管理やダウンロードしたデータの管理が行き届かず、セキュリティリスクを孕む可能性があります。

- メリット -

・デバイスのスペックを気にしなくてよい
・管理や経費処理の負担が軽減される
・セキュリティが向上する

- デメリット -

・より通信回線の品質が重要になる

料金プランは?

Windows 365のユーザー数はBusinessエディションで最大300、Enterpriseエディションは無制限となっています。
Windows 365 Businessには割引き特典があり、保有しているWindows 10 Proのライセンス付きデバイスから、サブスクリプション期間内に少なくとも1回Windows 365 Businessにアクセスする事が条件となっています。

料金プランの一覧は下記を参考にしてください。(税抜表記)

CPU メモリ ストレージ Business 月額費用 Businessハイブリッド特典適用 or Enterprise 月額費用
1vCPU 2GB 64GB ¥3,260 ¥2,720
2vCPU 4GB 64GB ¥4,350 ¥3,810
2vCPU 4GB 128GB ¥4,760 ¥4,210
2vCPU 4GB 256GB ¥5,980 ¥5,440
2vCPU 8GB 128GB ¥6,120 ¥5,570
2vCPU 8GB 256GB ¥7,340 ¥6,790
4vCPU 16GB 128GB ¥9,510 ¥8,970
4vCPU 16GB 256GB ¥10,740 ¥10,190
4vCPU 16GB 512GB ¥14,270 ¥13,730
8vCPU 32GB 128GB ¥17,260 ¥16,710
8vCPU 32GB 256GB ¥18,480 ¥17,940
8vCPU 32GB 512GB ¥22,010 ¥21,470

2つのプランの違いや判断ポイント

Windows365には以下2つのプランが用意されており、Businessは簡単にcloudPCを使い始めることが可能ですが、ユーザーが300名以上である場合や、オンプレミスとの通信が必要な場合、マスターイメージを使いたい場合にはEnterpriseを選択する必要があります。

Businessエディション

┗中小企業向けで300人まで
┗利用料にアウトバンド転送量(CloudPCからインターネットへの通信 ※制限あり)が含まれている
┗オンプレミス拠点との通信不可
┗マスターイメージの作成不可

Enterpriseエディション

┗ユーザ数無制限
┗Azureの仮想ネットワークを使うため、Azureサブスクリプションの契約が別途必要
┗オンプレミス拠点との通信可能
┗マスターイメージの作成可能

上記で特に注意したい点としては、オンプレミスとの通信不可という事。社内にファイルサーバや基幹システムあって、Windows365からアクセスさせたいという場合、Businessエディションでは対応出来ません。またマスターイメージを使いたい(マスターとなる仮想デスクトップイメージを予め設定しておきたい)場合はEnterpriseエディションを選択する必要があります。普段お使いのPCですとWindowsを立ち上げた際、一緒に色んなアプリケーションも使用可能になりますよね。ウィルスソフトは〇〇が入っていて、試算管理は〇〇が入っていて...といった感じです。これが複製できないとなると、1台ずつソフトをインストールしないといけなくなります。これは情シス泣かせな注意点ですね。

一般企業の多くがEnterpriseエディションに流れざるを得なくなりそうですね...。そして、両エディションいずれもWindows10のマルチセッションは使えません。ユーザ数が多い場合は、マルチセッションが使えるAVD(Azure Virtual Desktop)で構築した方がコストメリットが出てくるでしょう。
Microsoft的DaaSはこれだ!!Windows Virtual Desktop(WVD)って何?についてはこちら

いつから使える?

Windows 365は2021年8月2日に正式にリリースされました。
現在、OSはWindows 10を選択できます。
Windows11は一般提供開始になる2021年下期以降で選択できるようになるそうです。
PCを立ち上げWindows356のWebサイト https://windows365.microsoft.com/ にアクセス、ログインすると、Windowsで使っているアプリやコンテンツ、設定をMicrosoftのクラウドからログインしたデバイスにストリーミングされ利用できるようになります。

実際にトライアル用アカウントでログインをしてみました。

ログイン後は「次へ」を押すだけで進めます。

3分でセットアップ完了。

「お客様のクラウドPC」の中に事前に選択したスペックのPCが出来上がりました。
その後の起動もスムーズで、ブラウザ内のPCデスクトップ→Edge→Gmailと進んでみましたが、
最初はマウスやタイピングに対する反応の遅さを感じましたが、時間が経つにつれてレスポンスは良くなっていきました。何より簡単!

スピードテストサイトで速度判定もしてみました。WindowsPC上で、Windows365を
利用する場合、少しのタイムラグがあるものの通常利用に充分耐えうるサービスだと判断出来ます。

またAndoroidスマホからもアクセスしてみたところ、ブラウジングにおける速度やOfficeツールの
編集は十分可能ではあるものの、従来のリモートデスクトップと同じく、タッチ操作でカーソルを
合わせてクリックするという動作には若干手こずりました…。
タブレットやスマートフォンでWindows365を利用する場合には、キーボード&マウスは必須ですね。

まとめ

10年程前までは、新しくPCを購入する際、Windows OSとOfficeライセンスが最初からインクルードされた状態で購入出来ました。
Microsoft社がPCメーカーにセット販売させていたんですね。
その後、サブスクリプションの時代の波に乗りOfficeライセンスはMicrosoft Online Servicesに姿を変え、エンドユーザと直接契約、またはクラウドサービスを提供するCSP(Cloud Service Provider)経由での契約が主流となりました。
この時点でPCメーカーとMicrosoft社との最強タッグはOSでのみ繋がる形となってしまいました。
それが今回、Microsoft社はPCメーカーからOSまで取り上げ、更には高性能PCはもう不要だと太鼓判を捺すにまで至りました。
一蓮托生だったPCメーカーとMicrosoft社が袖を分かつ瞬間を見ることになるとは…。
兎にも角にも、Windows365でOSがクラウド化されることで、企業はデバイスや環境を選ばず、セキュリティを担保しながら働くことが可能になります。
働き方が多様になる現代において、特にテレワークを推進している企業にとっては注目しておきたいサービスではないでしょうか。

この記事に関連するお役立ち資料はこちら

Google Workspace 、 Microsoft 365 の導入者も必見! コロナによりクラウド利用が急増 これからのネットワーク構成に欠かせない「ゼロトラストネットワーク」

テレワークが定着したことでネットワークの境界線は曖昧になりつつあります。そのような背景で、従来ファイアウォールで分けていた「社内」「社外」という境界にフォーカスしたセキュリティ対策では対応できなくなってきています。そこで生まれた「ゼロトラスト」という考え方について解説します。

ダウンロードする

さらに理解を深めたい方にオススメの記事はこちら

関連サービス