前回、子会社のサーバをクラウド化するものとオンプレ運用するものとに仕分けをすることが出来たにのまえ。
クラウドにすると決めたはいいものの、日々の業務が忙しく、どこのサービスが最適なのかを検討するどころかその情報収集でさえ手が回らない情シス担当がここにも一人ーーー

多田野部長

はじめくん、子会社の移転プロジェクトは順調かね?

にのまえ はじめ

いや、はい、そうですね…
特段問題はなく進捗している…と思います。

多田野部長

なんだそのハキハキしないしゃべり方は。
全く今時の若いもんは…グチグチ…

にのまえ はじめ

(朝からめんどくさいなぁ・・聞こえないフリしておこうっと)
あぁ、そういえば部長。
子会社のサーバですが、一部はうちと同じデータセンタに移設して、他はクラウドで運用することにしました。

多田野部長

ほう、今時っぽくていいじゃないか。
しかしクラウド運用もいいが、個人情報の取扱いとかは大丈夫なのかね。
クラウドに移行して個人情報漏洩なんて言語道断だぞ。
私が社長にクラウド化を説得出来るデータもしっかり用意しておきたまえよ。

にのまえ はじめ

は…はい、勿論です!
(やべー…まだクラウドサービス自体の情報は何も収集出来てないぞ…)

にのまえは直ぐにクラウドサービスについて検索してみた。
しかし、一言にクラウドといってもサービスが多岐にわたり、情報の取捨選択が出来ずに困っていると…
ザシュッ!!

Joshisu Man

難しい顔してPC画面を見つめていたな、はじめ。
どうした!

にのまえ はじめ

わああああ!!
いきなり頭上にいないでくださいよ。
びっくりするなぁ。

Joshisu Man

情シスの悩みはすぐ察知できるのさ。
ところで今回はどうしたんだ?

にのまえ はじめ

実は…
この前子会社のサーバを仕分けしてクラウド化するものを決めたじゃないですか?
とはいえ、どこのサービスがいいのかわからず、3大クラウドのAWS、Azure、GCPですらあまり把握出来てないんです。
各社に問い合わせるのは大変だし、、サービス比較が出来たところで、今運用している環境の要件に沿った構築が出来るのかどうかも調べないといけないじゃないですか。
まとめて違いを教えてくれる業者があれば楽なんだけどなぁって思っていたところでして…

Joshisu Man

…都合のいい奴だな。
AWS、Azure、GCPのそれぞれの専門業者に聞いても自社で扱ってるサービスを推したい訳だから比較しにくい。
結局は自分で比較検討することになるぞ??

にのまえ はじめ

そうですよね…
でも話聞いて自分で調べたりしながら比較するなんて無謀だと思いませんか?!
もうどうしたらいいのか…

Joshisu Man

確かにな、仕方ない。
「負のエネルギー」が溜まってしまってはDr.プロトコルの思う壺だ。
私が中立に3大クラウドの比較をしてみようじゃないか。

Joshisu Man

よし、早速解説するぞ!光ファイバーテイル!

~JoshisuMan Equipment①:光ファイバーテイル~

通常は光ファイバーを束ねたようなウィップ型ソード。ひと振りでネットワークにまつわるアレコレを解決できる。
柄の先端にLANコネクタのような装飾がついており、スイッチのように押し込むとデータセンターとのコネクト、引き出すとLAN構築、天に向けるとクラウドを呼び出すことが可能。

Joshisu Manが光ファイバーテイルを天に向けると、そこに各社のパブリッククラウドが出現する

Joshisu Man

まずはAWSだ。
AmazonのAWSは、クラウドサービス市場のシェア率1位。歴史も長く実績数が違う。
利用事例やユーザーが多いとWEB上に多くの情報が出回るから、何か困った時は検索すれば比較的簡単に情報が見つかったり、利用経験があるエンジニアが多い。
はじめがクビになった後も即戦力を採用しやすいな(笑)。
対応OSも他の2社と比べて豊富なのも特徴と言えるな。

- AWSの特徴 -


◎クラウド市場シェア率1位
◎歴史も長く実績数が多い
◎WEB上にHOWTOが掲載されている確率が高い
◎利用経験があるエンジニアが多い
◎対応OSが豊富
◎韓国と中国にもリージョンあり

にのまえ はじめ

ちょっとちょっと!
なんで自分のクビ前提でサービス比較するんですかぁ~…(涙)

Joshisu Man

ははは、冗談だ、はじめ!

次はMicrosoftのAzureだな。
まあ至極当然だが、Windowsに対する親和性が高いし、「元々、Windows Serverを利用していた」という企業にとっては使いやすいだろう。
他のMicrosoft製品を利用していればそれらのツールとの連携もしやすいのがメリットと言える。
3大クラウドの中では一番歴史が浅いが、シェア率は2位だな。
Azureが秀でてるのはリージョン数だろう。
日本国内なら他の2社が東京・大阪のみ、Azureは埼玉にもあるようだ。
私からしたらこれは大した差ではないな。
しかしGCPだけ中国と韓国にリージョンがないようだから、そこに海外拠点を持っている企業は心に留めておいてもいかもな。

- Azureの特徴 -


◎Windowsに対する親和性が高い
◎他のMicrosoft製品との連携がしやすい
◎リージョン数が豊富
◎韓国と中国にもリージョンアリ
○クラウド市場シェア率2位

にのまえ はじめ

なるほど、まだうちには海外拠点はないので、気にしなくて良さそうですね。

Joshisu Man

最後はGoogleのGCP。
Googleのサービス、例えばGmailやGoogleフォト、YouTubeなどは使ったことがない人はほとんどいないんじゃないか?
というくらい、みんなGoogleに慣れ親しんでいる。
クラウド市場としてのシェア率は低いが、Googleが好きなエンジニアは非常に多いし、トレーニング環境の整備に能動的に取り組んでくれている点はユーザからするとありがたいだろうな。
GCPは他の2社に比べるとやはり処理速度が速いのが特徴だ。
日常使うものだから、社内サーバを外に出してレスポンスが悪くなるのは避けたいところだろう。
その点では大いに優位性のあるサービスだろうな。

にのまえ はじめ

AzureがWindows製品、つまりMicrosoft365(旧Office365)とかと親和性が高いってことは、GCPもGoogle Workspaceとの親和性が高いってことですかね?

Joshisu Man

もちろんだ。勘が鋭くなってきたな、はじめ。

- GCPの特徴 -


◎若い世代にも浸透しているgoogleブランド
◎トレーニング環境の整備
◎Googleエンジンを基盤とした圧倒的処理速度
◎Google Workspaceとの親和性が高い
△クラウド市場シェア率3位

にのまえ はじめ

なるほど、確かに、Google Workspaceとの親和性が高いのは魅力的ですね。
例えばWindowsとGoogleとAmazonのうち、複数の製品を既に社内で利用していたら、何を優先すべきなんでしょうか…。

Joshisu Man

うむ。どれか一つに決めるのも良し、2つ以上を採用するのも良しだ。
API連携すればそれらのサービスを必要に応じて乗り入れし合う事が出来る。
それぞれのいいところを選び、組み合わせてシステムをつくるということをマルチクラウドというぞ。

※APIとは、Application Programming Interfaceの略で、
プラットフォームの持つ機能を外部から利用できるように提供する仕組みのこと

にのまえ はじめ

へーなるほど、そういう事もできるんですね。
ちなみに部長が個人情報漏洩のリスクを気にしていたんですが、クラウドっていう時点でセキュリティのレベルは諦めた方がいいですかね?

Joshisu Man

クラウドだからセキュリティを諦める…なんてことはないぞ。
今紹介した3大クラウドは独立した機関によるセキュリティ、プライバシー、そしてコンプライアンス統制の監査を実施していて、世界的な基準の各種認証まで取得している。
オンプレ運用に比べたら余程安心できるんじゃないか?

にのまえ はじめ

おお!これは説得力がありますね。
3大クラウド、なんとなく比較は出来たけれど、もう少し詳細が分かるとありがたいなぁ。
しかも今うちが持っているサーバを出すにはどんな構成がいいか、必要要件を満たせるか。
これは流石に自分で調べないとダメですよね…?

Joshisu Man

はっはっは、安心したまえ。
そんな悩みも解決できるぞ。
光ファイバ―テイル!!
「クラウドプラットフォーム」召喚!

Joshisu Manが光ファイバーテイルを天に向けると、USEN GATE02のクラウドプラットフォームが出現する

Joshisu Man

これでパブリッククラウドだけじゃなくプライベートクラウドも含めてより多い選択肢から最適なソリューションを模索できるぞ。
ハイブリッド構成、マルチクラウドもお手の物だ。
設計や構築だけじゃなく運用保守まで任せる事が出来る。
後ははじめが何をどうしたいかを相談すればいい。

にのまえ はじめ

なんだ、最初からJoshisu Manさんに全部相談すれば良かったんじゃないですか!
なんだか解決の糸口が見えてきた。ありがとうございます!

Joshisu Man

よしっ!問題は解決だな。
強い情シスが企業を伸ばす!また会おう!
さらばだ!

【解決】~ICT SOLUTION!~

自社サーバを保有する企業の情シス担当であれば、一度は検討するであろう「クラウド化」。
多岐にわたるクラウドプラットフォームから用途や予算など様々な要件に基づいて最適なクラウドプラットフォームを選択するのは至難の業である。

USEN GATE 02なら、3大クラウドプラットフォームはもちろん、様々なクラウドプラットフォームやデータセンタを扱っているのでトータルでのご支援が可能だ。

■「USEN GATE 02―クラウドプラットフォーム―」
・クラウドプラットフォーム(AWS・GCP・Azure・ORACLE CLOUDなど)の柔軟性・拡張性・俊敏性でお客様の課題を解決します。
・既存クラウド環境の脆弱性診断やパフォーマンス改善、BPOなども対応可能


    TO BE CONTINUED…

    <Joshisu Man>

    本メディアの主人公。職業はヒーローで、趣味はトラフィック監視。
    様々な武器を駆使して情シスにまつわる問題や悩みを解決している。
    ITをよく知らないのに、情シス担当になってしまった人の味方です。いや、正義の味方じゃなく、正義そのもの。困っている人がいたら、助けたいお人よし。