情シスマン

企業のICT環境や情シスの課題・お悩みを解決するメディア

  • Facebook
  • X
USEN GATE 02 ICT用語集のアイコン
USEN GATE 02 ICT用語集
無料トライアル有り

モニタリング技術

概要

モニタリング技術は、ITおよびネットワーク環境においてシステムやネットワークの状態、性能、セキュリティなどを監視・計測するための技術です。モニタリング技術は、システムの正常な運用やトラブルの早期発見、パフォーマンスの最適化、セキュリティの確保などを目的としています。

モニタリング技術は、ITシステムやネットワークの適切な運用とセキュリティ確保に欠かせないものです。正確な監視データの収集と分析を通じて、問題の早期発見や最適化、効果的なセキュリティ対策を実現することができます。さまざまなモニタリングツールやシステムが市場で提供されており、組織のニーズや要件に応じて適切なモニタリングソリューションを選択することが重要です。

歴史

1960年代から1970年代初頭

モニタリングの初期の形態は、主にメインフレームコンピューターシステムで行われていました。オペレーティングシステムやハードウェアの状態監視、リソース使用状況の計測、トラブルシューティングなどが主な目的でした。

1980年代

ローカルエリアネットワーク(LAN)の普及と共に、ネットワークのモニタリングが重要性を増しました。LAN上のトラフィック監視やパフォーマンス計測が行われるようになりました。

1990年代

インターネットの普及に伴い、より複雑なネットワーク環境の監視が求められるようになりました。ネットワーク管理ソフトウェアの発展やSNMP(Simple Network Management Protocol)などのネットワーク管理プロトコルの登場により、ネットワークデバイスの状態監視やトラフィックの計測が容易になりました。

2000年代

クラウドコンピューティングや仮想化技術の普及により、モニタリングの範囲が拡大しました。仮想マシンやクラウドインフラストラクチャの監視が重要となり、仮想化モニタリングツールやクラウド管理プラットフォームが登場しました。

2010年代以降

ビッグデータの出現により、大量のデータを処理・分析する能力が向上しました。これにより、リアルタイムなモニタリング、パフォーマンス予測、異常検知などの高度なモニタリング技術が実現されました。また、セキュリティモニタリングの重要性も高まり、脅威インテリジェンスの活用やAIによる異常検知が取り入れられています。

類義語・類似サービス

ログ管理システム

ログ管理システムは、システムやアプリケーションから生成されるログデータを収集、格納、分析するためのツールや仕組みです。モニタリング技術と密接に関連しており、ログデータを監視し、問題のトラブルシューティングやセキュリティの検知に活用されます。

アラート通知システム

アラート通知システムは、モニタリングツールや監視システムが検知した問題や異常を適切なユーザーに通知するための仕組みです。アラート通知システムは、メール、SMS、ポップアップメッセージなどの形式で通知を送信し、問題の迅速な対応を支援します。

パフォーマンス管理ツール

パフォーマンス管理ツールは、ネットワークやシステムのパフォーマンスを監視し、評価するためのツールです。ネットワークのトラフィック、レイテンシ、応答時間、リソース使用率などのパフォーマンス指標を収集し、分析して問題を特定します。

電話
このページのトップへ
企業のICT環境、情報システムでお悩みの方へ法人向けインターネット回線やクラウドサービス、データセンターなど、ICTサービスを総合的に扱うUSEN GATE 02 にご相談ください!
freedial
0120-681-617
受付時間 10:00~18:00(土日・祝日除く)
バトルコンテンツバトルコンテンツITコラムITコラムICT用語集ICT用語集キャラクターキャラクターストーリーストーリーお役立ち資料お役立ち資料セミナーセミナー
FacebookX
Copyright (C) USEN ICT Solutions All Rights Reserved.