MENU

新しいエンドポイントセキュリティ(EDR)

攻撃の巧妙化により重要性を増すエンドポイント対策。ウイルス対策ソフト(EPP)にてウイルスの侵入を防ぐだけでは不十分です。大切なのは万が一エンドポイントが感染してしまった場合を想定した対策です。

侵入されることを前提として、端末内に侵入したマルウェアを検知し、エンドポイント端末の隔離やシステム停止などを行い、社内システムへの影響を防ぐことを目的としたEDRについて解説します。

  • プライバシー保護のために128/256ビットSSL暗号化通信を採用しています。
  • JavaScriptが無効になっているとスムーズに登録できない場合があります。

このページのトップへ