MENU

ユーザのニーズに細かく対応できる柔軟さと、幅広いサービスラインナップが決め手

  • 光ビジネスアクセスNEXT
  • ビジネスセキュリティ
  • LAN構築
  • ビジネスWi-Fi
  • Sound Design for OFFICE

株式会社Zero-Ten 様シェアオフィス事業

会社名
株式会社Zero-Ten 様
設立
2011年 9月9日
代表者
代表取締役/榎本二郎
所在地 本社
〒812-0038
福岡県福岡市博多区祇園町8-13
第一プリンスビル The Company1F
資本金
1,000万円

プロフィール

単なる空間のシェアではなく、コミュニティの構築を目指す新しいシェアオフィス & コワーキングスペースのかたち

The Companyエントランス

株式会社Zero-tenは、The Companyというプロジェクトで、新しいシェアオフィス事業を行っています。それは、ただの自習室のようなシェアオフィスではなく、ビジネスが生まれる場所としてのコワーキングスペースです。つまり、会員同士がコミュニケーションをとることで、仕事の受発注が生まれることを目的に場所をシェアするという考え方です。現在は福岡を中心に複数拠点を構えながら、さらなる拠点展開も視野に入れ、着実に会員数を増やしつつある注目のプロジェクトです。

このプロジェクトで提供する場というのは単なるカフェとは違うので、ユーザに快適にご利用いただくことが出来るように、通信インフラが整った環境にすることをとても重要視していました。そんな中、USEN GATE 02 のネットワークサービスに安定感があると感じ、インターネット回線サービス「光ビジネスアクセスNEXT」と、マネージドUTMサービス「ビジネスセキュリティ(VSR)」の導入に至りました。さらに機器の手配から有線/無線LANの構築まで一括して任せられたことも導入のポイントです。(LAN構築サービス「ネットワークデザイン」、無線LANサービス「ビジネスWi-Fi」)

背景と導入のポイント

ユーザのニーズに細かく対応できる柔軟さが決め手

開放的な執務スペース

シェアオフィスを利用するユーザのニーズは、実際に使ってもらうまで予想することはとても難しいんです。例えば、スカイプなどでコミュニケーションしながら作業をしたり、イベントを生配信したりする場合には通信量は増加しますし、そういう場面がいつ起こるか、また同時に起こるかなど、想定することができないんです。

そういうニーズへは、後から対応することになるのですが、今回採用したビジネスセキュリティはサポートセンターに連絡すればUTMの設定を変更してくれますので、その点は気に入っています。例えば、土日は通常のインターネット利用が少なくなるのですが、土日にイベントを行う際には、そのイベントの配信に通信機能を集中させることもUSEN GATE 02 サービスであれば対応ができますので、大変助かっています。

成果①

大規模なイベントや企画にも対応できています

ライブ配信を行うこともあるイベントスペース

オンラインゲームの世界チャンピオンが行うジャパンツアーイベントを支援したり、11店舗が参加するグルメイベントでのトークライブを生配信したりと大規模なイベントを開催することもあるのですが、光ビジネスアクセスNEXTは通信が遅いということもなく十分なパフォーマンスを提供してくれるのでとても心強いです。 シェアオフィスオープン時の臨機応変に素早く対応してくださるところがとても頼りになると感じ、USEN GATE 02 サービスを採用してよかったと思っています。

成果②

幅広いラインナップであらゆるサービスを一括提供

もうひとつメリットを感じたポイントは、サービスラインナップの幅広さです。通常、ネットワークインフラを整える際、調整しなければいけない業者は多岐にわたるのですが、USEN GATE 02 サービスには幅広いラインナップがあり、窓口を1社にまとめることができました。 具体的には、回線をマルチホーミング構成にしているのですが、USENはマルチキャリアネットワークを持っているので、複数ISPにて回線を提供してくれます。1社だけで冗長構成を作ることができるんです。

またオフィス内のLAN環境の整備、例えばスイッチなどの機器の選定や手配、配線も任せられましたし、無線LANアクセスポイントの設置も任せることができました。 オフィス用の音楽放送も一緒に提供できるというのはとてもユニークですよね。

今後の展望

さらなる事業拡大を見込んでいます

今後は、マルチロケーションというメリットを活かすため、国内・国外問わず拠点をさらに増やしていこうと思っています。まずは九州を強化したいと思っていますが、東京への進出も考えています。さらにはハワイへの進出も構想しています。

引き続きネットワークインフラの観点から強力なサポートをよろしくお願いします。

※本導入事例に記載されている内容は2018年1月現在のものです。

このページのトップへ